夏帆&斎藤工ら、オムニバスドラマでコロナ禍を生きる人々演じる「大きくてきれいな湖のような物語」

夏帆&斎藤工ら、オムニバスドラマでコロナ禍を生きる人々演じる「大きくてきれいな湖のような物語」
4月23日配信スタートHuluオリジナル『息をひそめて』メインビジュアル (C)Hulu
 女優の夏帆石井杏奈、俳優の村上虹郎安達祐実斎藤工らが4月23日より配信スタートするHuluオリジナル『息をひそめて』(初回のみ4話同時配信、以降毎週金曜1話ずつ追加)に出演することが、わかった。今作はコロナ禍の2020年春、多摩川を舞台にした8編のオリジナルストーリーでつづるオムニバスドラマ。世界の映画祭で注目を集める日本人映画監督・中川龍太郎氏が配信ドラマで初演出を務める。

 オムニバスストーリーで送る今作には、各話に登場する市井の人々として、5人のほか、三浦貴大、瀧内公美、光石研蒔田彩珠、萩原利久、長澤樹、横田真悠、小川未祐らベテランから若手俳優までが顔を揃える。

 第1話・増田妃登美(夏帆)は食堂を営むも緊急事態宣言により客が激減、第2話・大学生の高岡七海(石井)は帰りたい場所もなくひとり学生寮に留まり、第3話・ごみ収集員アルバイト宮下心平(村上)と会社員松崎妃美(安達)は人と人が触れ合う機会が奪われる中、マッチングアプリで出逢う。

 第4話・三隅夕河(蒔田)は大学進学を控えるも、父・雅人(光石)との窮屈な日々の暇つぶしに宅配のアルバイトを始め、第5・6話・リモートワークになった十和田淳(三浦)と皐月(瀧内)の夫婦は24時間顔をつき合わせる生活、第7話・高校3年生の珠美(小川)は最後の合唱コンクールが中止に…。

 そして第8話・高校教師の水谷光生(斎藤)は2021年晩秋、コロナ禍を経た未来の姿描き出し、8編のショートストーリーが重なり合う。各話タイトルは「人も場所も全ては無くなる」「君が去って、世界は様変わりした」「たまに遠く感じる、君のことが」など、各話の主人公がつぶやくモノローグで印象的に展開されていく。

あわせて読みたい

夏帆のプロフィールを見る
オリコンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「夏帆」に関する記事

「夏帆」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「夏帆」の記事

次に読みたい「夏帆」の記事をもっと見る

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年2月23日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 夏帆 Instagram
  2. 夏帆 ドラマ
  3. 夏帆 新井浩文

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。