没個性化する新車へのアンチテーゼ? “レトロかわいい”ランクル、ハイエースに見る中古車販売店の勝算

没個性化する新車へのアンチテーゼ? “レトロかわいい”ランクル、ハイエースに見る中古車販売店の勝算
FLEX『PHOENIX』(TOYOTA LAND CRUISERベース) 画像提供/FLEX
       
 低燃費化、プラットフォームの共通化などの影響からか、昔に比べ、車一台一台の“没個性化”が進んでいるように見える現代の新車。そんな潮流のなか、ある中古車販売店が、トヨタランドクルーザーやトヨタハイエースなどのゴツいイメージのある車に、自社開発の専用パーツを取り付け、レトロかわいく“リノベーション”した車を発売。人気を博している。没個性化する新車へのアンチテーゼともいえるこれらの開発の裏には、中古車販売店社長の車に対する熱い想いがあった。

■“自己表現のアイテム”としての車を諦めている人が多い現代

 丸みを帯びたトヨタランドクルーザープラドのフロントマスクを、エッジをきかせたシャープな印象に変えた『AMERICAN CLASSIC』。トヨタハイエースの近代的なヘッドライトを旧式の角ばったライトに変え、豊富に揃えたボディカラーとともに“見たことのない懐かしさ”を実現した『COAST LINES』。これら、“自分らしくをどこまでも”をコンセプトに、個性的な車『Renoca(リノカ)』のシリーズ名で製造・販売しているFLEX。昨年12月には、商用ワゴンであるトヨタプロボックスをベースにした『EURO BOX』を発売。1週間で初期販売数を完売し、現在、半年以上待ちのバックオーダーを抱えているという。これら、個性的なデザインの車が人気の理由を同社代表取締役社長・藤崎孝行氏はこう分析する。

「新車で欲しいと思うデザインがなく、旧車は維持やメンテナンスの面でもハードルが高い。そういった事情もあって、車を“ライフスタイルを彩る自己表現のアイテム”として見ることを諦めてしまい、『車はリースでいいか』と思っている人たちがいるのではないか。僕自身、機能より見た目で愛情が持てる車が欲しいのに、新車でそうした車に出会えないという不満を抱いていたので、そういう人たちに届いてほしいと思って始めたのが『Renoca』でした。市場調査などによるデータもない中でのスタートでしたが、販売してみて、僕と同じことを考えている人がいたんだなと確信できました」

あわせて読みたい

オリコンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「没個性化する新車へのアンチテーゼ? “レトロかわいい”ランクル、ハイエースに見る中古車販売店の勝算」の みんなの反応 7
  • 匿名さん 通報

    メーカーが没個性の利益のみを追っかけ多様性を捨てた時点で日本車単なる運搬の道具になり果てた。

    1
  • 匿名さん 通報

    それ言っちゃうとボーイングも貨物なんだけどねwだからあれも結構哀れに見てるところもあるw

    0
  • 匿名さん 通報

    旧車は欲しいものが売ってない だよ

    0
この記事にコメントする

もっと読む

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年2月23日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。