ワッキー生出演「お客さんの前で大爆笑を」 がんから復帰で新作ギャグも披露

ワッキー生出演「お客さんの前で大爆笑を」 がんから復帰で新作ギャグも披露
ニュース番組『ABEMA Prime』(後9:00)に生出演したペナルティのワッキー(C)AbemaTV,Inc.
 中咽頭がんの治療から復帰したお笑いコンビペナルティワッキー(48)が22日、『ABEMA NEWSチャンネル』ニュース番組『ABEMA Prime』(後9:00)に生出演。40代で直面したコロナ禍での闘病生活について語った。

 新型コロナウイルスの感染対策のため、外部との接触が一切できない入院生活について、番組MCを務めるカンニング竹山は「僕の亡くなった相方もずっと抗がん剤治療をしていた。そのとき相当苦しそうにしていたが、ご家族などとの面会はできた。ワッキーの場合は、面会も禁じられてより孤独を感じていたのでは」と投げかけると、ワッキーは「つらくもあったが、がん専門の病院内には僕よりもっとつらい人がいた」と振り返った。

 ワッキーは高校時代にサッカーをしていたこともあり、病院にもサッカーをやっている高校生ががんで闘病しているのを知ると「僕よりつらそうにしていた。それを見たら俺なんてもっと頑張らなきゃと奮い立たされた。それが支えになった」と語った。

 治療は退院後が一番つらかったというワッキー。「普通の病気と違うのは、治って退院するのではなく、病院ではこれ以上治療することがない、という状態で退院する。ここからの闘病生活の方がキツかった。気がおかしくなるくらい喉が痛かった」と告白。

 これを聞いたお笑いコンビ・平成ノブシコブシ徳井健太は「芸人にとって喉や声を失うのが一番怖いはず」と芸人目線で問うと、ワッキーも「めちゃくちゃ怖かった。このまま声が出なくなったらどうしようと思った」と当時の気持ちを明かした。

 さらにワッキーは「入院中もネタは考えていたけど、つらい時に思い浮かんだものは全然面白くない」と笑わせつつも、今後について「笑いをめちゃくちゃやりたい。今一番やりたいのは、舞台に立って相方とコンビでネタを披露し、生のお客さんの前で大爆笑をとること」と笑顔を見せた。

 最後にワッキーが入院中に考えたという新作ギャグを披露。一同に笑いが起きるも、ややウケで終わると、ワッキーは「調子が良くない。まだ完治してないかも」とボケて、スタジオが笑いの渦に包まれまれた。

あわせて読みたい

ワッキーのプロフィールを見る
オリコンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「ワッキー生出演「お客さんの前で大爆笑を」 がんから復帰で新作ギャグも披露」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    役所が平成33年とか書くから混乱して間違いが起きる。いいかげん西暦にしろ!馬鹿野郎!

    0
  • 匿名さん 通報

    愛知県知事リコール偽造疑惑 署名に死者8000人分の名前が書かれていた。犯人はあいつ。笑

    0
この記事にコメントする

もっと読む

「ワッキー」に関する記事

「ワッキー」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ワッキー」の記事

次に読みたい「ワッキー」の記事をもっと見る

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年2月23日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. ワッキー 芝刈り機

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。