前田敦子、独立決断は「自分の人生に責任」 “センター”へのこだわりなく役者を軸に

 人気グループ・AKB48でセンターを務め、卒業後は女優として活躍を見せる前田敦子(29)。黒沢清監督とタッグを組んだ『旅のおわり世界のはじまり』(19年)では座長として「山路ふみ子女優賞」を受賞。一方で『コンフィデンスマンJP』シリーズや『奥様は、取り扱い注意』などでは“バイプレイヤー”として作品を輝かせる側面も持つ。そして、成田凌主演の『くれなずめ』(4月29日公開)でも、見事なバイプレイヤーぶりを見せる彼女にその醍醐味(だいごみ)を聞いた。

 本作は、メガホンをとった松居大悟監督の実体験をモチーフにした完全オリジナルの舞台劇を映画化したもの。吉尾和希役を成田、舞台演出家として活動する藤田欽一役を高良健吾、欽一の劇団に所属する舞台役者・明石哲也役を若葉竜也、仲間内の後輩で唯一家庭を持つサラリーマンの曽川拓(ソース)役を浜野謙太、学生時代の後輩で会社員の田島大成役を藤原季節、仲間内で唯一地元に残ってネジ工場で働く水島勇作(ネジ)役を目次立樹が演じる。

 前田が演じるのは、吉尾の同級生で高校時代は清掃委員の完璧主義者・ミキエ。そして、今回のオファーは監督、キャスト、スタッフらが話し合って前田を抜てきした経緯があり「オーディションに受かったような気分でうれしかったです」とノリノリで本作への出演を決めた。

 吉尾たち男6人が“わちゃわちゃ”と過ごし、あの頃を思い出すかのような青春模様が描かれる本作。前田は「男の子たちの姿が赤裸々と描かれて、いつでも子どものように10代に戻ることができるのは男性ならではですよね」と実際に映画を見た感想を語る。

あわせて読みたい

黒沢清のプロフィールを見る
オリコンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「黒沢清」に関する記事

「黒沢清」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「黒沢清」の記事

次に読みたい「黒沢清」の記事をもっと見る

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年4月17日の映画記事

キーワード一覧

  1. 黒沢清 前田敦子

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。