【鎌倉殿の13人】西田敏行、後白河法皇役で出演「堂々と受けて立ちたい」

 2022年大河ドラマ『鎌倉殿の13人』(作:三谷幸喜)の第二次出演者発表が15日、公式ツイッターなどで行われ、俳優の西田敏行 (福島県出身)が後白河法皇役で出演することが明らかになった。同日発表された佐藤浩市に続いて、西田もまた三谷作品の常連ともいえる。大河ドラマも14回目の出演となる。

 「オファーがあってから、後白河法皇という人物に興味が湧いてきました。私なりのアタックの仕方で、一般的な後白河法皇とはイメージが違うかもしれないけど『俺が演じた後白河法皇が真実だ』、というくらいリアリティをもって演じたい。三谷さん流のアイディアと独特のユーモアセンス、歴史観、人生観が相まった脚本になってくると思います。役者としてフィールドを広げ、堂々と受けて立ちたい」とコメントし、73歳にしてなお意欲的だ。

 後白河法皇は、平清盛に幽閉されて院政を停止され、源頼朝に助けを求める“日本一の大天狗”。三谷氏は「『スター・ウォーズ』でいうところのレイア姫。ダース・ベイダーである平清盛に対し、ルーク・スカイウォーカー的な頼朝に助けを求める」と、説明していた。

 大河ドラマ出演は、1972年の『新・平家物語』に初出演以来、14回目。1990年の大河ドラマ『翔ぶが如く』では西郷隆盛役で主演。2018年の『西郷どん』で語り&出演をして以来となる。「1年というスパンで物語を紡いでいくのは世界に類を見ないもの。そういうモノづくりの時間が日本にはまだ存在するという事実。これまでそういう矜持、誇りを持って毎回スタジオ入りしてきました。大河にはたくさん出演しましたが、どれも思い出深い」といい、先日亡くなった

あわせて読みたい

西田敏行のプロフィールを見る
オリコンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「西田敏行」に関する記事

「西田敏行」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「西田敏行」の記事

次に読みたい「西田敏行」の記事をもっと見る

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年4月15日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 西田敏行 ドラマ

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。