桐谷健太、三度の撮影延期も調整「どうしても出たかった」 全編沖縄ロケ敢行

 俳優の桐谷健太が主演する映画『ミラクルシティコザ』の製作発表記者会見が16日、沖縄市内にあるライブハウス セブンスヘブンコザで開催された。会見には、桐谷のほか、大城優紀、ジョージ紫、監督・脚本を務めた平一紘、プロデューサーの大城賢吾が同席した。同映画は、沖縄の日本復帰50周年の節目となる2022年初春公開を予定している。

 本作は「第三回未完成映画予告編大賞」でグランプリならびに堤幸彦賞受賞した作品を、主演に桐谷を迎えて映画化した、沖縄コザが舞台のタイムスリップコメディー。新型コロナウィルスの感染拡大を受け、三度撮影が延期されたが、今年3月下旬に沖縄市にてクランクイン。平監督のみならず製作陣、出演者、音楽担当まで沖縄にゆかりがある者が90%以上を占める布陣で、全編沖縄ロケを敢行した。

 桐谷は、「コザ という街や役者のエネルギーが素晴らしく、撮影現場のモニターで観た映像がすでに格好良かったので、スクリーンで観るのが楽しみ。すごい映画になるのではという手応えがある」と、自信のほどをのぞかせた。

 撮影が三度、延期になってもその都度スケジュールを調整し、「どうしても出たかった」と、桐谷。「脚本の着眼点が面白いと思った。面白さをそのままにどんどんブラッシュアップされていった脚本が、総数26稿にもなり、監督の作品に対する熱い思いが伝わってきた。撮影が延期になった際には、監督やキャストらがコザを紹介するYouTube動画を僕のためだけに作成してくれた。そんなことは初めて。会う前から監督や共演者が愛おしく思えるような動画だった」と、明かした。

あわせて読みたい

オリコンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年4月17日の映画記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。