“キートン山田の残像”を逆に楽しむ きむらきょうや、『ちびまる子ちゃん』2代目ナレーターの覚悟

 1990年のスタートから、アニメ『ちびまる子ちゃん』(フジテレビ系)のナレーションを務めてきたキートン山田氏が、惜しまれながら3月末で引退。4月4日放送回から、ベテランナレーターのきむらきょうや氏が、その2代目を務めることになった。『進め!電波少年』(日本テレビ系)、『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系/以下めちゃイケ)、『芸能人格付けチェック』(テレビ朝日系)など数々のバラエティを盛り上げてきた一方、アニメ作品とはほぼ縁がなかった同氏が、55歳にしてなぜ新たなステージに挑もうと思ったのか。イメージが確立しすぎている作品のなか、いったいどのような心境でオファーを受けたのか?本人に話を聞いた。

■『めちゃイケ』のドッキリかと思ったまさかのオファー

「お話をいただいたときは、一瞬ポカンとなりましたね。ナレーション、声優、アナウンサーは同じ声の仕事ですけど、住んでいる村がそれぞれ違っていて、よほどのことがない限り、村を越えたキャスティングはしないので。しかも、『一度、テストに来てほしい』と言われて、いわゆるオーディションに行ったんですけど、その後1ヵ月くらい音信不通で。これは『めちゃイケ』のヤツらが仕掛けたドッキリの可能性が高いぞって思ってました(笑)」

 バラエティ界を中心に人気ナレーターとしての地位を確立してきたきむら氏ゆえに、そう思うのも無理もない。アニメ作品への参加は、今年4月より放送の『ましろのおと』(MBS/TBS/BS-TBSほか)に続く2作目。国民的アニメのナレーション決定の電話を受け、「いくつになってもなんでもできるんだなってうれしくなった」と破顔する。

あわせて読みたい

オリコンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「ちびまる子ちゃん」に関する記事

「ちびまる子ちゃん」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ちびまる子ちゃん」の記事

次に読みたい「ちびまる子ちゃん」の記事をもっと見る

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年4月18日のマンガ・アニメ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。