麒麟・川島明、3歳の娘が芸人化? 親バカトークで笑いを誘う「今は娘ばっかり」

 お笑いコンビ・麒麟の川島明が19日、都内で行われた『劇場版 七つの大罪 光に呪われし者たち』(7月2日公開)公開アフレコに参加。原作の大ファンでもある川島は<十戒>のひとりでありメリオダスの弟・ゼルドリスに仕える魔神を演じているが「お話をいただいた時は、完成された世界に僕が入っていいのかなと思ったのですが、魔神という距離感で、片足くらい入らせていただく感じでちょうどいいんじゃないかなと思いました」と笑いを交えて喜びを語った。

 『七つの大罪』は、いまだ人と人ならざる者の世界が分かたれてはいなかった古の時代を舞台に、七人の大罪人により結成された、王国史上 最凶最悪の騎士団<七つの大罪>が世界の危機に立ち向かっていく姿を描く、ヒロイックファンタジー。今回の劇場版は、原作者・鈴木央氏が描き下ろし、TVアニメから続く“最終章のその先”を描いた完全新作オリジナルストーリーとなっている。

 自身が演じている魔神は描き下ろしとなっていることから、イラストが似ていることを指摘された川島は「本当にぜいたくなことで、ラフ画とかも見せていただいたんですけど、何枚かコピーしました。娘がぬり絵をしています」とにっこり。梶裕貴は「まず、似たキャラクターであることがうらやましいですね」と口にしながら、川島の声での演技について「いい声ですね。今までキャラクターでいたんじゃないかなというくらいです」と絶賛した。

 作品名にちなみ「最近、罪なことをしてしまった」とのトークテーマでは「娘に甘すぎるというか…。子どもが3歳なんですが、食事中とかにふざけて、注意されるのが楽しくなって、フォークを持ったまま走ったりして、それはホンマに危ないから、ウチの奥さんが『笑い事じゃないよ!』って奥さんが怒るんですけど、その言葉が気に入ったみたいで、それが言いたいんですよ」と娘とのほほえましいやりとりを披露。

あわせて読みたい

オリコンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「七つの大罪」に関する記事

「七つの大罪」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「七つの大罪」の記事

次に読みたい「七つの大罪」の記事をもっと見る

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年4月19日のマンガ・アニメ記事

キーワード一覧

  1. 七つの大罪 アニメ
  2. 七つの大罪 アプリ
  3. 七つの大罪 映画

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。