再々出店から15年、北欧家具とDIYを定番化させたイケアの功績 空間への意識向上と生活様式の変化

 シンプルでナチュラル、ときに遊び心に溢れたデザインと機能性の高さが魅力の北欧家具。さらに低価格を兼ね備えたイケアの商品は、今や日本人の暮らしにすっかり溶け込んだ。何より「自分で組み立てる=DIY」という、かつての日本家具では主流になかった価値観を普及させた功績は大きい。1号店のオープンから15年、イケアの浸透とともに日本人のライフスタイルはどのように変わったのだろうか。

◆過去2度の手痛い敗北が糧に…自分で組み立てる楽しさを徹底的に普及

 スウェーデン発祥の家具とインテリア雑貨の量販店・イケアが、2006年4月にIKEA Tokyo-Bay(1号店)をオープンしてから15年が経った。約9500アイテムを常時取り揃えるイケアでは、日本1号店以降も主に広大な敷地を確保した郊外に大型店舗を展開してきたが、昨年6月に初の都市型店舗であるIKEA原宿、11月にはIKEA渋谷が開業。さらに今年5月にもIKEA新宿のオープンを控えるなど、都市部での出店を加速させている。都市部での出店を進める目的は「車を持たない都市部で暮らす方々に、よりイケアを身近に感じていただくため」(イケア・ジャパン広報担当者)とのことだ。

 1943年にスウェーデンで創業したイケアは、実は1972年にも日本に進出している。ところが当時は現在とは比較にならない円安の時代。輸入品であるイケアも高額だったため、業績が振るわずに閉店した経緯がある。さらに1981年に再度の日本進出をしたが、欧米に比べて「家具を自分で組み立てる=DIY」という概念が浸透していなかったことから撤退の憂き目を見ている。

あわせて読みたい

オリコンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「イケア」に関する記事

「イケア」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「イケア」の記事

次に読みたい「イケア」の記事をもっと見る

コラムニュースランキング

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年5月4日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。