優等生“第7世代”のカウンター? 岡野陽一、鈴木もぐらなど…クズ芸人脚光の背景

優等生“第7世代”のカウンター? 岡野陽一、鈴木もぐらなど…クズ芸人脚光の背景
拡大する(全1枚)
空気階段の鈴木もぐら(左)
 現在、借金1200万円のピン芸人・岡野陽一、空気階段など、ここのところ芸人たちの「借金・ギャンブル・遅刻etc.」といった“クズエピソード”がバラエティ番組を賑わすことが多くなった。ただ、「貰うはやってない。借りるだけ」などという“クズ哲学”は、一周回って逆に清々しくもある。これも草食系っぽい(!?)お笑い“第7世代”台頭への抵抗なのだろうか? あるいは“自粛・コンプライアンス強化・空気を読む”…といった社会情勢への反動なのか?

■コンプライアンスの強化とともに、求められた清廉性

 かつて(昭和~平成前半)は、「飲む・打つ・買う」的な行為は“男芸人のたしなみ”であり、成功者のステータス的な側面があった。芸人でいえば、横山やすしが競艇に多額のお金を突っ込んだり、セスナ機を購入したり、ビートたけしが後輩を引き連れて豪快に奢るなど、宵越しの金は持たないノリを体現していた。世間でもそうした振る舞いを「豪快」「親分肌」と称賛し、「あの人ならしょうがない」と受け止めた。しかし近年は、コンプライアンス的に行き過ぎた発言や行為自体が番組では許されなくなっている。かつての“芸人らしさ”は失われつつあるのだ。

 そこへ台頭してきたのが、いわゆるお笑い第7世代。霜降り明星やEXIT、ハナコや四千頭身などはそれぞれ特徴がありながら、お笑い芸人が放つアクの強さ、武勇伝的なものはほぼない。むしろマイペースで根は真面目といった雰囲気があり、これまでの芸人にはなかった“清廉性”が備わっているようにすら見える。

あわせて読みたい

オリコンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年5月4日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。