『江戸川乱歩賞』受賞者が喜びのコメント 京極夏彦氏も評価「先行きに期待できる」

 日本推理協会が主催する『第67回江戸川乱歩賞』を受賞した伏尾美紀(ふせお・みき)氏(53)と桃ノ雑派(ももの・ざっぱ)氏(40)が18日、都内で行われた受賞者記者会見にリモートで参加し、喜びのコメントを寄せた。

 伏尾氏の『センパーファイ -常に忠誠を-』は、30歳で北海道警察の女性警察官となった沢村依理子が主人公。ある日、未解決に終わっていた誘拐事件の被害者・島崎陽菜の遺体が見つかり、今度こそ事件を解決するべく奔走するが犯人は見つからないまま捜査本部は解散。しかしその2年後、陽菜誘拐事件の捜査資料の漏えい事件が起こる。そして、監察は沢村を犯人に仕立て上げようとした。果たして、陽菜誘拐事件の真相とは。そして、警察官として、ひとりの女性として将来を選ぶ沢村自身の姿も描かれている。

 伏尾氏は「賞をいただいたときは淡々としていたのですが、電話が終わったあとのほうが、ドキドキしながら時間を過ごしていました。リモートとはいえ、会見を開いていただき、本当に受賞をしたんだと実感しています」と笑顔を見せた。

 桃ノ氏の『老虎残夢』(ろうこざんむ)は、宋代時代の中国が舞台。湖の中央に浮かぶ奇妙な建物・八仙楼では、師父・泰隆が名だたる武侠の中から、一人を選び奥義を授けると聞き、拝師して18年の女武術師・蒼紫苑は無念の思いを募らせていた。そして、泰隆は、3人の武侠を招待し八仙楼で到着を待っていたが、泰隆が毒を飲み死んでいるのが見つかる。師父・泰隆の知られざる過去が明らかになるにつれ、戦乱の渦中にめぐる国家転覆の陰謀も浮き上がる中華ミステリーとなっている。

あわせて読みたい

オリコンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年5月18日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。