日本のクリエイターによるネトフリアニメ、完全新作3作品を発表

 Netflixは、米時間6月7日から11日まで開催されたオンラインイベント「Geeked Week」で、新たに完全新作アニメ3作品の制作を発表。今回発表となったのは、太田垣康男原作のSFアクション『MAKE MY DAY』、安達寛高(乙一)が脚本を担当するスペースホラーアニメ『exception』。そして日本を代表するアニメ監督イシグロキョウヘイが手掛ける、ウィル・スミス主演で映画化もされたハリウッド大作のスピンオフアニメ『Bright:Samurai Soul』だ。

 なお、太田垣と安達の両氏に関しては、昨年2月にNetflixと新規作品の企画・制作におけるパートナーシップを発表以降、映像化されたことのない全く新しい“完全新作アニメ”の開発を丁寧に重ねてきたという。今回の両クリエイターが手がける2作品の制作発表は、昨年発表されたヤマザキマリ氏の代表作「テルマエ・ロマエ」を原作とした新アニメ『テルマエ・ロマエ ノヴァエ』に続く、Netflixが直接的にパートナーを組むクリエイターとの新作アニメとなる。

■太田垣康男原作、不毛な惑星で起きた壮大なSFアクション

 『機動戦士ガンダム サンダーボルト』や『MOONLIGHT MILE』などで知られる太田垣が描き下ろしたオリジナルストーリーによるアニメ『MAKE MY DAY』。メカデザインを担当するのは「マクロス」シリーズなどで高い人気を誇る河森正治と「DEVILMAN crybaby」の押山清高。『武器よさらば』などの作品を手掛けた本多真監督と株式会社5(五號影像有限公司)がタッグを組んだ、壮大なSFアクション作品。解禁された太田垣によるティザーアートには、地表に現れた謎の穴、そして上空に飛び回る飛行機が描かれており、もはや予測不可能だ。

あわせて読みたい

オリコンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年6月11日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク