『相棒』season20初回SP 本田博太郎演じる朱雀武比古が17年ぶり登場「忘れずにいてくれたとは光栄だ」

テレビ朝日系で「season20」が放送される国民的ドラマ『相棒』(毎週水曜後9:00※2クール)。10月13日に放送される初回拡大スペシャルに本田博太郎演じる元内閣官房長官の朱雀武比古が17年ぶりに出演することが発表された。

初回拡大スペシャル『復活』は20作目という節目にふさわしく、衝撃のスタートを切ることに。前作「season19」で「プレゼンス」前後篇(第1話、第2話)、「暗殺者への招待」前後篇(第19話、最終話)と全4話に連なって描かれた事件が、再び動き出すこととなる。一連の黒幕である内閣官房長官・鶴田翁助(相島一之)が、またしても杉下右京(水谷豊)と冠城亘(反町隆史)の前に出現。鶴田の陰謀なのか、亘が逮捕されてしまうという波乱の展開が待ち受ける。


そんな激動の初回スペシャルには、『相棒』ファンにとって忘れられないキャラクターが登場する。そのキャラクターは、名優・本田博太郎演じる元内閣官房長官・朱雀武比古。朱雀は『相棒』シリーズの中でも特に名作として名高いエピソード『双頭の悪魔』(season3第1話~第3話/2004年)で、特命係に追い詰められ失脚した人物。政界の要職にありながら殺人に手を染めた朱雀は懲役18年の判決を下され、2006年に服役。ところが異例中の異例で、6年もの刑期を残し、3年前に仮出所していたことがわかった。

朱雀は、鶴田が長年、秘書として仕えていた人物。鶴田は朱雀に薫陶を受けたと語ってはばからず、官房長官室には朱雀がしたためた書が飾ってあるほど。早すぎる仮出所の背後に鶴田が関わっているのではないかとにらんだ特命係は、真実に迫るため“ある場所”まで赴くが、特命係を前に朱雀が語ることとはいったい。

あわせて読みたい

本田博太郎のプロフィールを見る
オリコンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「本田博太郎」に関する記事

「本田博太郎」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「本田博太郎」の記事

次に読みたい「本田博太郎」の記事をもっと見る

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク