唐沢寿明、きょう最終話『ボイス2』振り返る NEWS増田貴久に感銘「本気なのだと感じました」

 俳優の唐沢寿明が主演する日本テレビ系『ボイスII 110 緊急指令室』(毎週土曜 後10:00)が、25日に最終話を迎える。このほど主人公の敏腕刑事・樋口彰吾役の唐沢からクランクアップインタビューが到着。2019年放送の前作に引き続き、樋口として体当たりのアクションや熱演を魅せた唐沢だが、非業の死を遂げた後輩刑事・石川透(増田貴久)のシーンについて「本人も意気込みが違いました。本気なのだと感じました」と感銘を受けた。

■クランクアップインタビュー

――クランクアップを迎えた気持ちは?
終わったな…と。うれしいね。少し休めるかな(笑)

――『ボイス2』が、前作『ボイス』と違ったところは?
オリジナルの部分が多かったから、自由度が大きい分、難しいこともあるのですが、試行錯誤しながら作っていきました。

――印象的だったのは?
安藤政信さんですね。素晴らしい俳優さんだなと思いました。普段からとても不思議な雰囲気があって、すごく魅力的でチャーミングな男だなと思いましたね。

――心に残ったシーンは?
今回は透(増田)が大変なことになったので、その一連のシーン展開は印象に残りました。本人も意気込みが違いました。本気なのだと感じました。現場で見ていても分かりましたし、画面にも出ていると思います。彼のある種の“覚悟”のようなものさえ見えました。

――共演の真木よう子さんについて
彼女は進化していました。努力しているのだと思います。(努力を)やっている人とやっていない人とでは分かりますから。前回と同じでは嫌だという気持ちもあったのではないでしょうか。

あわせて読みたい

唐沢寿明のプロフィールを見る
オリコンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「唐沢寿明」に関する記事

「唐沢寿明」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「唐沢寿明」の記事

次に読みたい「唐沢寿明」の記事をもっと見る

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク