「Yahoo!への抗議」も辞さない、デジタルでも勝つ『週刊文春』貫くスクープ主義と稼ぎ方

 『文春オンライン』が8月、初めての6億PV超えを達成した。端的に言えば、同サイトの記事が6億ページ読まれたということになる。このほか、今年3月には『週刊文春電子版』も開設。先日、『週刊文春』が電車の中吊り広告を廃止したというニュースが話題になったが、同誌はデジタルへの移行に成功し、なおかつ収益面でも堅調だという。コロナ禍で多くの出版社が苦戦する中、なぜ『週刊文春』は“強い”のか。前『週刊文春』編集長で、現在は、『文藝春秋』編集長の新谷学氏に「文春ブランド」の強さの秘訣を聞いた。

■「NHKに受信料を払うくらいなら、文春に払う」、デジタル化成功の裏に読者の声

 昨今、しきりと「DX=デジタルへのシフト」という言葉が言われている。現在はネット上でニュースも読めれば、銀行取引も行える。さらにスマートフォンという形で小型化され、すべては指先ひとつで行うことが当たり前となった。「この流れに抗うという選択肢はあり得ません。自分の欲しい情報をスマホで、リアルタイムに受け取れる時代において、週刊誌や月刊誌よりも、より早くて便利でリーズナブルな方向にユーザーが流れていくというのは当然です」(新谷学氏/以下同)

 そんな影響をもろに受けて、さまざまな老舗雑誌が休刊。書店の数もコンビニの雑誌売場の面積も、縮小の一途をたどる。逆境といえる状況の中で、『週刊文春』はどう動いたのか。

 「このままでは、取材経費も記者の数も減っていくしかないですが、紙の雑誌と心中することも、紙の雑誌から撤退することも毛頭考えていません。大事なのは、デジタル化したからといって、“対価をいただく”という道は放棄しないし、『お金を払ってでも読みたい』と思わせる価値は失ってはいけないということです。だからこそ、『週刊文春』のスクープ主義をしっかり貫きながら、他の収益構造を考える必要がありました」。

あわせて読みたい

オリコンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク