「Yahoo!への抗議」も辞さない、デジタルでも勝つ『週刊文春』貫くスクープ主義と稼ぎ方

 新谷氏によれば、スクープには4種類あるという。売れるスクープと売れないスクープ。社会的に意義のあるスクープと意義のないスクープだ。

 「難しいのは、『売れるけど意義はない』という記事と、『意義はないかも知れないが売れる』という記事、このどちらを取るか、どちらの見出しを大きくするか。これは世の中の風向きを見て行うセンシティブな判断となるため、AIやマニュアルではできません。もちろん政治家の記事でも芸能人の記事でも、『文春』としての譲れない“一線”は、常に守っています」。

■ポリコレ、コンプラ…そんな日本のど真ん中で「本音を叫ぶ」

 このように、現在の潮流を見極め、デジタル化を成功させた『文春』。だが、ネット媒体も増え、フェイクニュースなども問題視されている昨今。SNSで誰でも発信できるようになって来たことから、より“情報の信頼性”が問われるようにもなった。ネットニュースのひとつである『文春オンライン』が、そうした記事と一緒くたに見られてしまう懸念はないのだろうか。

 「主戦場がネットになれば、玉石混交になるのは仕方がない。読者の皆さんのメディアリテラシーも、問われる時代になったと思います。一方でメディアにとっては、信頼こそが生命線です。そしてそのためには、開かれた存在でないといけない。『文春』は特定の権力、組織の代弁者になることはありません。また自らの記事が問題になったり、炎上しても、すぐに記事を取り下げたり、謝罪するのではなく、記事掲載に至るプロセスを読者にきちんと説明します。そうした姿勢こそが信頼につながると信じています」。

あわせて読みたい

オリコンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク