「Yahoo!への抗議」も辞さない、デジタルでも勝つ『週刊文春』貫くスクープ主義と稼ぎ方



 そんな新谷氏の信念は現在、編集長を務める『文藝春秋』にも反映されている。

 「ポリィティカルコレクトが重んじられ、コンプライアンス至上主義が幅をきかせる世の中において、私が目指しているのは、日本のど真ん中で本音を叫ぶ雑誌です。もちろん炎上上等と開き直るのではなく、今こそ、作家や学者やジャーナリストといった、言葉のプロフェッショナルたちが、研ぎ澄まされ、磨き抜かれた言葉の力で、正々堂々と本音を伝えていくべきだと考えています。例えば、大河ドラマの影響で渋沢栄一が話題になりましたが、『文藝春秋』では大河では触れないであろうお妾さんの存在に焦点を当てた鹿島茂さんの原稿を掲載しました。彼女たちの存在が陰ながら渋沢の偉業を支えたことは厳然たる事実ですし、その存在、人生をなかったことにしてしまったら、かわいそう。世の中はきれいごとばかりではありません。本音を叫ぶというのは、つまりこういうことです」。

 「スクープ」という言葉を借りながら、人間の光と陰にスポットを当ててきた新谷氏。その挑戦については、近著『獲る・守る・稼ぐ 週刊文春「危機突破」リーダー論』(光文社)に詳しい。妙に潔癖になってしまっている世の中の真ん中で、きれいごとではない真実を伝える。デジタル化を成功させた『週刊文春』と、新たに手掛ける『文藝春秋』。これから日本の社会、人々にどんな影響を与えていくかを見守りたい。

(文/衣輪晋一)

あわせて読みたい

オリコンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク