「風邪ひいてまんねん」薬包紙の風邪薬『改源』がレトロ回帰で再注目 記憶に残るCMと認知度とジレンマ

 1924年に誕生した「お茶で飲む風邪薬」の『改』。1983~2008年に放送されていた「風邪ひいてまんねん」のフレーズがおなじみのCMは、当時まだテレビでは聞きなれなかった関西弁やCMキャラクター“風神さん”のインパクトもあり、今でも視聴者の記憶に残っている。2024年に同商品が誕生100周年を迎えるにあたり、10月から懐かしのCMが復活。製造販売元であるカイゲンファーマ株式会社の狙いは? 歴史ある商品の開発秘話から、CMの反響、100周年への思いなどを聞いた。

■切っても切れない“風神さん”の存在 CM復活の理由とは

 『改源』は1918年(大正7年)頃に創製され、1924年(大正13年)よりカイゲンファーマの前身・中西武商店が販売を開始。その商品キャッチコピーにもあるように、“風邪のひき始め”に特に効果を発揮するよう、処方が工夫されているという。

「多くの風邪薬は、せきや発熱といった諸症状を緩和する対症療法として用いられますが、回復力がなければ風邪の治りは遅くなってしまいます。自己治癒力を高めることを大切にしていることが、本品が日本で100年近くも家庭の風邪薬として受け継がれている秘密の一つではないかと考えています」(担当者/以下同)

 同商品と言えば、風の神様である“風神さん”がクシャミとともに「風邪ひいてまんねん」と関西弁でしゃべるテレビCMが有名。SNSで「私が『改源』を知ったのは、CMだった」との書き込みもあり、今でもこのCMを記憶に留めている人は多いだろう。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

源のプロフィールを見る
オリコンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「源」に関する記事

「源」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「源」の記事

次に読みたい「源」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク