はなわ、『佐賀県』自虐ネタへの“懺悔”「売れるために嘘も歌っていた」

 ベースを弾きながら歌う芸風で注目を浴び、『エンタの神様』(日本テレビ系)などで活躍していたはなわ。当時、「子どもたちは歩きなのにヘルメット」「バス停の名前が“山下さん家前”」といった誇張した自虐的な歌詞に、佐賀県民から少なからず批判の声もあった。実ははなわの出生地は埼玉県で、当時は佐賀への地元愛はあまりなく、批判も全く気にしていなかったが、年々感謝と懺悔の気持ちが生まれているという。2011年に佐賀県にUターン、今夏コロナの影響で再び関東に移住した彼に、現在の佐賀県への思いを聞いた。

■ストレスで円形脱毛症に… 必死で生み出した“田舎キャラ”を拾ってくれたのは福山雅治

 小学生の頃から佐賀県で育ったはなわは、幼い頃から人と違うことをするのが好きだった。特にお笑いにこだわりがあったわけではないが、テレビに出たい、有名人になりたい、との思いで芸人を目指し、高校卒業とともに上京した。

「お笑いの世界は想像以上に厳しいところでしたが、根拠のない自信だけは不思議とあって。例えば左利きであることや、はなわという珍しい名前とか、とにかく自分は特別な人間だと本気で思っていたんですよね。当時は佐賀で芸人を目指す人なんていなかったですし、東京なんて佐賀県人からしたらニューヨークに行くぐらいの感覚ですよ(笑)。そういう、人がやらないことをしているからこそ、“自分には何かあるはず”と思えていたんでしょうね」

 根拠のない自信だけを頼りに、独自の表現スタイルを貫きながらショーパブなどでネタを披露しつつ、細々芸人生活を送っていた。そんな状況の中、
編集部おすすめ

あわせて読みたい

福山雅治のプロフィールを見る
オリコンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「福山雅治」に関する記事

「福山雅治」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「福山雅治」の記事

次に読みたい「福山雅治」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク