“デジタル3D時代”の扉を開き、映像界の常識を一変させた革命的超大作『アバター』(2009年)から13年。ジェームズ・キャメロン監督が心血を注ぎ、つくり上げた続編『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』が、12月16日に日米同時劇場公開される。これを記念して、1作目『アバター』の再上映が決定した。

 それも、進化した3D映像に一新され、なおかつ重要なシーンが追加された特別版『アバター:ジェームズ・キャメロン3Dリマスター』が、9月23日より10月6日までの2週間限定で、全国約200館のプレミア・ラージ・フォーマット含む3Dスクリーンで上映される。

 2009年当時、『タイタニック』(1997年)などの作品で、既に映画の巨匠であったジェームズ・キャメロンは独自の革新的な3Dカメラを開発し、ほかの3D作品とは比較にならない驚異的なクオリティを実現。『アバター』では、神秘の星パンドラの森を舞台に、「浮き出る」よりも「奥行き」のある3Dで“そこいるかのような”を究極の映像世界へと誘うことに成功した。

 『アバター』は社会現象となり、全世界で爆発的に大ヒットを記録。それまで全世界歴代興行収入第1位であったキャメロン自身の作品『タイタニック』の記録を
自ら塗り替るという偉業を達成。そして、2019年、『アベンジャーズ/エンドゲーム』が自身の記録を更新した際にキャメロンはマーベル・スタジオに祝福のメッセージを贈り、「(劇場体験に)希望を感じました」と心境を語るなど、自分の記録よりも“映画”の新しい可能性を開拓し続けるジェームズ・キャメロンは、“映像の神”と呼ぶにふさわしい存在だ。しかも、昨年、中国で『アバター』が再上映され、再び世界1位に返り咲いている。