『海猿』などの漫画家・佐藤秀峰氏が10日、自身の「note」を更新し、俳優・伊藤英明の反応に「自分の未熟さを恥じ入るばかり」とした上で、同時に自身の記憶との違いを明らかにし、映像化などをめぐる原作者の立場について再度メッセージを発信した。

 伊藤はこれまで4本の映画『海猿』に主演したほか、フジテレビドラマにも出演している。
原作者である漫画家・佐藤秀峰氏が2日、自身のnoteに「死ぬほど嫌でした」と題した文章を掲載。日本テレビ系で放送された連続ドラマ『セクシー田中さん』の原作者・芦原妃名子さんの訃報に触れつつ、『海猿』をめぐってフジテレビと“絶縁”に至った経緯を明かした。この佐藤氏のnoteの内容は多くのメディアで報じられた。

 これを受け、映画やドラマ版『海猿』に主演した伊藤は、自身のインスタグラムで「記事を読みました。『海猿』は僕にとって一生の財産です。いまだにありがたいことに『海猿』が大好きでした、と声を掛けて下さる方、手紙を下さる方、インスタグラムにメッセージを下さる方が沢山いらっしゃいます」と紹介。


 伊藤は「約20年前、現場に出向いて下さり佐藤先生に頂いた原画を今も大切にしています。撮影に携わった全員で過ごした時間も作品も自分の宝物です」とつづり、佐藤氏のサインが入った原画の写真をアップ。原画には「伊藤英明さんへ」と書かれ、「ドラマおもしろかったです。カッコイイ大輔に期待しています」と記されていた。

 そして佐藤氏は10日に「先日、投稿した「死ぬほど嫌でした」という記事が大きな反響を呼びました。日本テレビ系で放送された連続ドラマ『セクシー田中さん』原作者の芦原妃名子さんの訃報に触れて、『海猿』をめぐる僕自身の経験を語る内容でした」とあらためてこの件に触れ、「伊藤さんの大人な対応に、自分の未熟さを恥じ入るばかりです」と記した。


 一方「ところで、イラストに書かれた日付を見ると2005年となっています。僕が撮影現場を訪れたのは2012年(もしくは2011年?)の一度きりです。2005年に伊藤さんが会ったという『佐藤先生』とは、一体誰だったのでしょうか」と疑問を投げかけた。

 また「さて、芦原さんの訃報に触れ、引き続き多くの漫画家が様々な声を上げています。小学館もようやく人間らしい声明を出しました」とし、小学館編集者一同が8日に発表した声明に触れた。その上で「僕は彼らだけが悪いとは思いません」とし、自身が電子書籍化に積極的に取り組んできた理由を説明。
10年が経ち「今、僕は優秀な社員に囲まれています。運営はすでに黒字化しています」とし、「芦原さんの訃報に触れ、多くの漫画家が声を上げています。それはきっと良いことです。もっと良くすることもできるはずです」と伝えた。