3月をもってテレビ東京を退社した福田典子アナウンサー(33)が3日、都内にあるメディカルテックのスタートアップ企業「SCO」グループの『福田典子COC就任会見 成長戦略・新サービス発表会』に登壇。福田アナは、4月1日から同社でフリーアナウンサー兼正社員の広報ブランディング部COC(Chief Oral health Communicator)として働いている。

 玉井雄介代表取締役とトークセッションも実施。「SCO」グループに入ったきっかけについて問われると「玉井さんが本当に熱くて。熱く皆さんの健康のことを考えている」と説明。続けて「子どもを産んだ後、特に自分の健康や子供の健康のことを考えることにはなりましたけれども、なかなかそれに向き合う時間を持てなかった。これまでの経験をもっと生かして働いていきたい、でも子育てもあるから自分の時間が限られるっていう時に、自分の時間をどこに割いていきたいかって考えたら、健康とスポーツをメインで仕事をしていきたいなと、なんとなく思ってました。そんな時に声を掛けてくださったのがSCOの広報ブランディング部で。そこで会社員として働きながらフリーアナウンサーとして働くというような柔軟な働き方が世の中にもあるんだと気づかされたのが1番大きなきっかけです」と明かした。

 社内の風通しのよさも感じているそう。玉井氏は「福田さんに入社していただいたらどうなるかなとか、当然考えるわけじゃないですか。影響力のある人だから、先ほど申し上げたように『口腔内って結構大事ですよ』みたいなことを、やっぱり影響力のある人にどんどん広めてもらった方が手っ取り早さももちろんある。やっぱりもっともっと広げなきゃいけないんですよね。福田さんの影響力っていうのはやっぱり会社として意味がある」と期待。続けて「あとは『モヤさま』はよく見てたんでね(笑)。タフな人だし、バイタリティもあるし、そういう魅力もありましたね。なんか苦難に強そうだし」と笑っていた。

 企業広報としての意気込みを問われると福田アナは「せっかくヘルスケアに関する事業をできるということで、やはり皆さんの健康意識が高まるような情報発信ができていけたらいいなと思いますし、これまではどなたかが取材してきてくださったものを伝える機会が多かった」とこれまでの経験を振り返る。その上で「自分でもちゃんと情報を捕まえてきて、自分が学んで、自分が企画して、ちゃんと発信者になるというふうな形で働いていくことを目標として頑張っていけたらいいなと思ってます」と意気込んだ。

 一方、フリーアナウンサーとしての意気込みも。「フリーアナウンサー業務を会社の業務時間内にも受けていいと言ってもらっている。この働き方って、たぶん大企業だと無理で、大企業でなくてもあまり聞いたことがない働き方。私が発信していくことの意味をすごく重く考えてくださっていて。フリーアナウンサーとして表に出ることで、私が今何をやってるのか皆さんが興味を持ってくれる。それで健康や歯のことについて、みんながさらに興味が高まる。そういう働き方を期待されていると思っているので、フリーアナウンサーとして、いろいろな場所に顔を出して『福田といえば健康、ヘルスケア、歯のことをしゃべる人だな』っていうイメージがより根付いていったらうれしいかなと思ってます」と目標を語った。

 玉井氏は「事業活動だけであれば得られるものってやっぱ限りがある。それ以外に真剣に取り組むものがある人の方が視野も広がるし、知識を持ってるし、もちろん人脈もある。そういうものを大事だと私は思いますね」ときっぱり。「うちはフレックス制でコアタイムみたいなのもあるんですけど自由に。中抜けして体のトレーニングをしても全然いいと思いますし、別の仕事やってもいいと僕は思ってます。それは結局は、うちのSCOグループの事業に帰った時に何かしらフィードバックされるものってあると思う。大きな視点で見ると得られるものって会社としてあると思う」と経営者の立場として思いを口にしていた。

 福田アナは、立教大学経営学部を卒業し、RKB毎日放送を経て、2016年8月にテレビ東京入社。『モヤモヤさまぁ~ず2』の3代目アシスタントや、夕方の生活情報番組『よじごじ Days』のMCなどを務めた。プライベートでは、2021年にかねてより交際していた会社員の男性との結婚を発表し、同年に第1子出産を報告している。

 「SCO」グループは『テクノロジーで「105年 生きるから活きる」を創造する。』をパーパスに、歯科業界に特化したメディカルテック企業。歯科医院向けのクレジットカード決済サービス「Pay Light」などを提供する。4月1日からは社名を株式会社SCOグループに変更した。