“結成16年以上”の漫才師たちによるフジテレビの賞レース『THE SECOND~漫才トーナメント~』(5月18日 後7:00~11:10)について、ファイナリスト8組が21日、決定した。Fブロック勝者のタイムマシーン3号がコメントを寄せた。


 20日・21日に「ノックアウトステージ16→8」が開催された。16組の漫才師たちが2組ずつ登場し、1対1の“タイマン”形式でし烈なネタバトルを展開。激戦の末、「グランプリファイナル」に出場するファイナリスト8組がついに決定した。

 名勝負を繰り広げ、見事勝ち抜いた8組は、この後いよいよ最終決戦「グランプリファイナル」へ進出する。MCの東野幸治、ハイパーゼネラルマネージャーのくりぃむしちゅー有田哲平、そしてスペシャルサポーターの博多華丸・大吉が見守る中、王座をかけて激突するが、この「グランプリファイナル」では、これまでのトーナメント表をいったん白紙に戻し、改めてトーナメントを組み直すことに。

 25日午後8時(※予定)よりフジテレビ本社にて行われる「グランプリファイナル組み合わせ抽選会」で、新たな対戦カードが決定する。


■Fブロック勝者:タイムマシーン3号(山本浩司、関太)
「今回勝てたのは、今まで24年間やってきたことの積み重ねの結果だと思っています。賞レースの決勝の舞台というのは、トーク番組やクイズ番組とは全然心構えが違いますね。周りの芸人がフォローしてくれることもなく、ミスしても自分たちのせいだし、手柄も2人だけのものですから。ネタ番組が少ない中、テレビでネタを披露できる機会をいただけて、本当にありがたいです」(山本)

「去年出場したとき、事務所の先輩のマシンガンズさんの活躍を、間近でずっと見ていたんです。そこで感じた“うらやましいな”という気持ちが、今年のモチベーションにつながったような気がしますね(笑)。最近は、おいしい酒が飲める仕事ってなかなかないんですけど、『THE SECOND』は、結果によっては、最高にうまい酒が飲めると思うので、それを目標に頑張ります!」(関)

■「ノックアウトステージ16→8」結果

<Aブロック>
先攻:ダブルアート ●244点(1点:3人、2点:50人、3点:47人)
後攻:タモンズ ○283点(1点:1人、2点:15人、3点:84人)

<Bブロック>
先攻:ハンジロウ ○279点(1点:1人、2点:19人、3点:80人)
後攻:リニア ●272点(1点:0人、2点:28人、3点:72人)

<Cブロック>
先攻:ロビンフット ●268点(1点:2人、2点:28人、3点:70人)
後攻:ななまがり ○274点(1点:6人、2点:14人、3点:80人)

<Dブロック>
先攻:母心 ●269点(1点:1人、2点:29人、3点:70人)
後攻:金属バット ○284点(1点:0人、2点:16人、3点:84人)

<Eブロック>
先攻:ザ・パンチ ○292点(1点:0人、2点:8人、3点:92人)
後攻:かもめんたる ●243点(1点:5人、2点:47人、3点:48人)

<Fブロック>
先攻:囲碁将棋 ●275点(1点:0人、2点:25人、3点:75人)
後攻:タイムマシーン3号 ○280点(1点:1人、2点:18人、3点:81人)

<Gブロック>
先攻:マシンガンズ ●267点(1点:1人、2点:31人、3点:68人)
後攻:ガクテンソク ○293点(1点:1人、2点:5人、3点:94人)

<Hブロック>
先攻:ラフ次元 ○283点(1点:1人、2点:15人、3点:84人)
後攻:モンスターエンジン ●266点(1点:1人、2点:32人、3点:67人)