“結成16年以上”の漫才師たちによるフジテレビの賞レース『THE SECOND~漫才トーナメント~』(5月18日 後7:00~11:10)について、ファイナリスト8組が21日、決定した。Gブロック勝者のガクテンソクがコメントを寄せた。


 20日・21日に「ノックアウトステージ16→8」が開催された。16組の漫才師たちが2組ずつ登場し、1対1の“タイマン”形式でし烈なネタバトルを展開。激戦の末、「グランプリファイナル」に出場するファイナリスト8組がついに決定した。

 名勝負を繰り広げ、見事勝ち抜いた8組は、この後いよいよ最終決戦「グランプリファイナル」へ進出する。MCの東野幸治、ハイパーゼネラルマネージャーのくりぃむしちゅー有田哲平、そしてスペシャルサポーターの博多華丸・大吉が見守る中、王座をかけて激突するが、この「グランプリファイナル」では、これまでのトーナメント表をいったん白紙に戻し、改めてトーナメントを組み直すことに。

 25日午後8時(※予定)よりフジテレビ本社にて行われる「グランプリファイナル組み合わせ抽選会」で、新たな対戦カードが決定する。


■Gブロック勝者:ガクテンソク(よじょう、奥田修二)
「今回は、普段の劇場と同じ感じで舞台に立てたのがよかったのかなと思いますね。僕ら、10年前に『THE MANZAI』の決勝に出てるんです。そのときは“優勝して売れたい!”みたいに、変にリキんでたんですけど、今は、そういうリキみは完全に取れまして(笑)。“テレビでネタ3本披露できたらラッキー、それがいい結果につながったら、なおラッキー!”というスタンスで頑張ります」(奥田)

「(対戦相手の)マシンガンズさんは去年準優勝されているので、お客さんからしたら、僕らの方が新鮮に見えたのかもしれないですね。でも試合の後、マシンガンズさんが“絶対優勝してくれよ”と声をかけてくれて。(「「32→16」で対戦した)シャンプーハットの恋さんも、会うと必ず“頑張ってや”って言ってくれるし、負けた相手が心から応援してくれる賞レースって、珍しいですよね」(よじょう)

■「ノックアウトステージ16→8」結果

<Aブロック>
先攻:ダブルアート ●244点(1点:3人、2点:50人、3点:47人)
後攻:タモンズ ○283点(1点:1人、2点:15人、3点:84人)

<Bブロック>
先攻:ハンジロウ ○279点(1点:1人、2点:19人、3点:80人)
後攻:リニア ●272点(1点:0人、2点:28人、3点:72人)

<Cブロック>
先攻:ロビンフット ●268点(1点:2人、2点:28人、3点:70人)
後攻:ななまがり ○274点(1点:6人、2点:14人、3点:80人)

<Dブロック>
先攻:母心 ●269点(1点:1人、2点:29人、3点:70人)
後攻:金属バット ○284点(1点:0人、2点:16人、3点:84人)

<Eブロック>
先攻:ザ・パンチ ○292点(1点:0人、2点:8人、3点:92人)
後攻:かもめんたる ●243点(1点:5人、2点:47人、3点:48人)

<Fブロック>
先攻:囲碁将棋 ●275点(1点:0人、2点:25人、3点:75人)
後攻:タイムマシーン3号 ○280点(1点:1人、2点:18人、3点:81人)

<Gブロック>
先攻:マシンガンズ ●267点(1点:1人、2点:31人、3点:68人)
後攻:ガクテンソク ○293点(1点:1人、2点:5人、3点:94人)

<Hブロック>
先攻:ラフ次元 ○283点(1点:1人、2点:15人、3点:84人)
後攻:モンスターエンジン ●266点(1点:1人、2点:32人、3点:67人)