俳優の山崎育三郎が、きょう15日放送の日本テレビ系『上田と女が吠える夜』「あなたはどっち派!?二大派閥で大激論!2時間SP!」(後9:00)内「せっかちな女VSのんびりな女」ブロックにSPゲストとして出演する。

 「せっかちな女VSのんびりな女」ブロックでは、あの、いとうあさこ大久保佳代子、加納(Aマッソ)、平愛梨、高橋尚子、土屋アンナ、ファーストサマーウイカ、藤田ニコル、むらきゃみ(Aマッソ)、吉川愛(※50音順)が、SPゲストの山崎を迎える。


 山崎は、誕生日を迎えた大久保から「デート設定でお祝いしてほしい」と恒例の“ウエルカムむちゃぶり”を受けると、即興で美声をプレゼント。大久保をメロメロにさせる。そんな山崎は「完全にせっかち派。コンビニでトイレを借りるときも、早く済ませるために」と秒単位の流れを再現する。そのほかにも、公演終わりの新幹線への導線、スーパーでの買い物など、“とにかく効率派”の一面が次々と明らかになる。

 土屋もせっかち派。
街の女性の「漫画は大きいコマしか読まない」の声に共感する土屋は「大きいコマしか読まないし、まず最後を見る。映画も結末を聞いちゃう」と明かす。さらに、モタモタするのが嫌で、何でも歯でかみ切る豪傑ぶりを見せる。

 そんな土屋も「あれだけはイライラする」と旅客機のせっかちな乗客について話す。すると、大久保が「私もやるけど、あれは戦いだから」と反論し、2人の大論争がぼっ発する。

 あのちゃんは言わずと知れたのんびり屋。
この日の収録も最後にスタジオ入りしたと明かされるが「自分はいつも通り。せっかちなみんなのせい」と、せっかち派に囲まれて嘆く。「基本、待ち合わせには間に合わない」と言うあのちゃんは、常に時間に追われているせっかち派に向かって「そこまでして生きてて楽しい?」と、思わず本音が出てしまう。そんなあのちゃんも、年に一度だけ、待ち遠しくてたまらないイベントがあるという。「その時期だけ早めに、10月くらいに○○を出す」と話すあのちゃんが大好きな年末イベントとは。

 平ものんびり屋。
待ち合わせの相手が遅刻しても「いくらでも待てる“THE待つ女”。最高6時間待った」と言い、皆を仰天させる。6時間も何をして時間をつぶしたのか。まさかの行動に、上田も思わず「通報されるわ!」と大爆笑。そんな平が唯一「急がなきゃ」と思う瞬間は「夫が遠征先から帰って来るとき」だそう。夫・長友佑都からの連絡に、平のスイッチが入るという。


 さらに、のんびり屋がフードデリバリーを頼むと大惨事に。あのちゃんと平が共感する、 せっかち派には理解不能なのんびり屋の仰天生態が明らかになる。

 シドニー五輪マラソン金メダリストの高橋尚子は、引退しても所作は現役。「1秒を争っていた世界ですから。普段の生活も1秒が争い」と断言。いつも急いでいるため、「渋滞が1番イライラする。
3キロを15分かかるとか言われると、降りる」と車を降りて走り出すという。そんな高橋は買い物も即断即決。たった1時間で決めた超高額な買い物にスタジオが騒然となる。

 同じくせっかち派の吉川も「YouTubeは2倍速、アニメも10秒飛ばしで見る」。「家でワンちゃんを飼っているので、仕事が終わったらすぐに帰りたい」吉川が少しでも早く帰宅するためにしている時短術とは。

 藤田もせっかち派。
大好きなパチンコを一刻も早く楽しむために「いちいち財布を開くのが面倒くさいから、ポッケに1万円入れてます」と明かす。Aマッソはコンビでせっかち。 加納は「この日しか休みがないっていうとき、会いたい友達が何人かいる場合は、坂本龍馬みたいな気分で」と、休日を能率良く過ごすための妙案を披露する。一方、食べることが大好きな相方・むらきゃみは、せっかちが災いして食リポでした大失敗を明かす。