18・19日に開催される『TOKYO METROPOLITAN ROCK FESTIVAL 2024』(以下『メトロック2024』)。人気アーティストが多数出演し、2日ともチケットが完売しているこの話題フェスを、ABEMAが今年も独占無料生中継する。

 東京公演に先駆けて11・12日には大阪公演が行われ、計50組のアーティストが熱いステージを繰り広げ、集まったオーディエンスは極上の音楽を1日中楽しんだ。ORICON NEWSでは、大阪のステージに出演したアーティストたちにインタビューを敢行。『メトロック2024』のステージの感想やオーディエンスの反響、2024年後半の活動についてなど語ってもらった。今回はソロではメトロックに初出演となった、アイナ・ジ・エンド。

――ソロでの「メトロック」は初めてのご出演だったかと思いますが、いかがでしたでしょうか?ステージでのハイライトや、印象深い瞬間があれば教えてください。

アイナ・ジ・エンド:今回のステージが、SUPER BEAVERさんの次だったのですが、SUPER BEAVERさんのステージも最高で緊張が高まってしまったんですけど、いざステージに出てみるとお客さんがすごく優しくて…!しかも女性の方がたくさんいらっしゃったんです。そのおかげで全然怖くなくなったので、楽しい思い出になりました。でも最後にもう1曲あると勘違いしてしまっていて、うっかり「あれ、終わったわ!」と言っちゃって(笑)。そこはちょっと悔しいです(笑)。

――今回のセットリストに関してつくる上での経緯や意図があれば、ぜひ教えてください。

アイナ:「Red:birthmark」はアニメのエンディング曲として使用していただいていることもあり、夜に似合う曲だなと思っていて。ライブハウスで演奏する際も、照明に赤と緑を使い奇妙な感じでパフォーマンスしてきたのですが、今回は日中にパフォーマンスをさせていただいて「あ、この時間でも合うんだ!」という発見があったし、自分もすごく歌いやすかったですね。メトロックの空気が、そうさせてくれたんだと思うんですけど。これからは、夜だけでなくお昼にも歌っていきたいなと思いました。
「Frail」も振り付けを観客の方にお伝えしてから初めてパフォーマンスをしたのですが、フェスって初めましての方がたくさんいるので、振り付けを一緒にやってくれているのが、奇跡みたいな光景ですごく嬉しかったです。

――ステージ以外での、「メトロック2024」での裏話などあれば教えてください。

アイナ:SIRUPさんと久しぶりにお会いしました。実は、BiSHとしてデビューする前…、10年前くらいかな。いろいろなライブハウスで歌っていた時期に、SIRUPさんも今とは違うかたちでライブハウスを回っていらっしゃって。お互いそれぞれ頑張っていたんですよ。そこからの付き合いなのですが、実は今日10年越しに喋りました(笑)!「お互い成長したよね」なんて話をして。当時小さいライブハウス界隈では、SIRUPさんはダントツで歌が上手いと有名だったので、ずっと憧れだったのですが、今日お会いして、お人柄が変わっていなくて。改めて尊敬だな、と思いました。
あと、フェス飯はたこ焼きを食べました!もともと、「わなか」さんのたこ焼きが好きで、自分のライブの際もコラボしていただくくらい好きなんです。今日も到着してすぐに「わなか」さんのたこ焼きを食べに行きました(笑)。

――昨年は映画『キリエのうた』で数々の新人賞を受賞されており、俳優としてもご活躍されているなかで日々お忙しいかと思いますが、アイナさんはどのようにリフレッシュされていますか?気持ちを切り替えたり、疲れを癒すために聴いている楽曲などはありますか?

アイナ:『キリエのうた』で俳優デビューしたのですが、上手に俳優業と音楽業の切り替えができなかったんです。でも、それが良かったのかなとも思っているんですが…リフレッシュすることは、とても大事にしていますね。私は香りをとても大事にしていて、最近はヒノキの香りのオイルを手首に塗ってこっそり嗅いで密かに癒されています(笑)。そういう密かな楽しみが大事だなと思いますね。ステージに上がる前は必ずブラックコーヒーを飲みますね。本当は喉にあまり良くないみたいなんですけど、シャキっとできる気がするのでコーヒー飲んで、歯磨いて、本番!みたいな(笑)。この流れが軽いルーティーンみたいになっていますね。

――9月11日には日本武道館公演『ENDROLL』も控えていらっしゃいます。2024年後半は、アイナさんにとってどのような期間になりそうでしょうか?

アイナ:先日、コーチェラ・フェスティバルを観に行かせていただいて。フェスっていうものの視野が広がって、「こういう楽しみ方があるんだ!」という発見があって。自分はわりと縛られていたな、とか真面目にやらなきゃと思いすぎていたな、もっと解放していいんだなと思うきっかけになったので、2024年後半は自分をもっと解放して、固定観念というものを少しずつ壊していく作業をして、楽しんでいけたらいいなと思います。昨日も石崎ひゅーいさんのライブを観させていただいて…。BiSHとして活動させていただいている間はありがたいことに忙しくてなかなか足を運ぶことが難しかったので、いろいろな方のステージを観にいくべきだなと思いました。

――本日の大阪公演でのステージは、ABEMAにて、5月18日に配信されます。アイナさんのソロステージを初めて見る方もいらっしゃると思うので、今日のステージのここに注目してほしい!というポイントがあれば教えてください。

アイナ:「ZOKINGDOG」という楽曲では、先日のZeppツアーでわがままを言って、客席に緑の芝生を敷いてもらったんですよ。「お金がかかる」と言われながらも「やりたい!」って言って。でも今日ステージに上がったらナチュラルに芝生だったんですよ。夢が叶っている!と思って(笑)。そんな芝生と「ZOKINGDOG」の絡みを観てほしいのと、今回初めてお昼にパフォーマンスした「Red:birthmark」も新鮮なので、ぜひぜひ観ていただきたいです!

▼番組情報
ABEMA「メトロック2024」
特設ページ:https://abema.tv/lp/metrock2024
『メトロック2024独占生中継!Day1』
5月18日(土)前11:00~
放送チャンネル:メトロックチャンネル
URL:https://abema.tv/channels/metrock/slots/9aCi5Hc1bAGxCX
『メトロック2024独占生中継!Day2』
5月19日(日)前11:00~
放送チャンネル:メトロックチャンネル
URL:https://abema.tv/channels/metrock/slots/9aCi4gHsLnvudH