STARTO ENTERTAINMENT所属で15日にデビューしたばかりの5人組グループ・Aぇ! groupが17日、テレビ朝日系『ミュージックステーション』(後9:00)に単独初出演した。

 Aぇ! groupは、正門良規、末澤誠也、草間リチャード敬太、小島健、佐野晶哉からなる5人組。
アシスタントMCの鈴木新彩アナウンサーが「Aぇ! groupの皆さんは一昨日デビューしたばかり」と紹介すると、Number_iら出演者も拍手で祝福した。

 末澤は「デビュー1発目で絶対今後も使われる映像なので、しっかりかましたいと思います」とガッツポーズ。佐野晶哉は「今日は今回限りの特別な、攻めに攻めた演出もありますのでぜひ楽しみにしてください」とアピールした。

 この日のVTR企画では「度肝を抜かれた!衝撃のライブ登場シーン7選」が紹介されたが、Aぇ! groupはこの中の一つ、マイケル・ジャクソンが登場後1分39秒完全静止した伝説のシーンをオマージュすることに。

 トリで登場したAぇ! groupは、ファンに囲まれたステージに登場。大歓声の中でマイケルと同じポーズで仁王立ちしていたが、24秒が過ぎたところでまさかのCMが入った。
SNSでは「まさかのCMまたぎ」「デビュー曲初披露で登場からCMまたぎなのは衝撃的すぎだな」「CMまたぎおもろwww」と反響が広がった。

 2分間のCMが明けても静止ポーズを取っていたものの、タモリは「ちょっと笑ってた人がいましたよ」といじり、Aぇ! groupのメンバーの口元が思わず緩む場面も。衝撃の登場シーンで大いに沸かせたAぇ! groupはその後、サングラスを外すとデビュー曲「《A》BEGINNING」を披露し、スタジオは大歓声に包まれた。

 Mステ初パフォーマンス後、佐野晶哉は「初登場でやることじゃないって、あれは!怖かったです、めっちゃ」と本音をぶちまけつつ、メンバーは「楽しかったです」と笑顔で手を振っていた。