俳優の高杉真宙(27)が、6月8日放送のフジテレビ系土曜プレミアム『世にも奇妙な物語’24 夏の特別編』(後9:00)に出演し、4つの“奇妙な”エピソードの1つ「人類の宝」で初出演にして初主演を務めることが決まった。

 高杉が演じるのは、アルバイトを転々としグラフィティアートを描きながらその日暮らしをしているフリーター・佐倉エイスケ。
とある日、才能を持ったアーティストたちを保護する世界文化遺産保全機構(WCCO)の三嶋左近によって連行されてしまい…。高杉は、「まさに“奇妙”らしい作品を演じさせて頂けてうれしい!」とコメントしている。

■あらすじ 
アルバイトを転々としグラフィティアートを描きながらその日暮らしをしているフリーター・佐倉エイスケ(高杉真宙)。そんなある日、いつものようにグラフィティアートを描いていると「あなたはまさに人類の宝だ!あなたを保護させていただきます」とエイスケの作品にほれ込んだ世界文化遺産保全機構(WCCO)の三嶋左近(新納慎也)によって連れ去られてしまう。そこは、ほとんど家具のない白い部屋。エイスケは何が起きているのかわからず呆然としていると、どこからか女性の歌声が微かに聞こえてきた。
通気口を使い呼びかけてみるとミハル(恒松祐里)と名乗る女性から返答があり――。

■高杉真宙コメント

ーー本作への出演について
「昔から見ていた番組なので率直にうれしかったです。まさか主演として声を掛けて頂けるなんて驚きました!」

ーー台本を読んだ感想
「まさに“奇妙”らしいなと思う作品でした。僕の中で“奇妙”って連れ去られるイメージが強くて、そういう意味でも王道パターンを演じさせて頂けることができるなと思いうれしかったです。僕が演じるエイスケはいろんなことに納得がいっていなく、その怒りを絵にぶつけている子なんだなと思いました」

ーー本作の見どころ
「いくつも考えさせられる点がある作品ですが、若者たちが率先して動いていく気持ちの大事さというのも感じてもらえたらうれしいです。また、新納慎也さんとは初めて共演させていただきます。
ストーリーの主幹は僕ですけど(キャラクター的に)引っ張っていくのは新納さんなので、本当におんぶに抱っこでやらせて頂いてる気持ちです。恒松祐里さんとは何度も共演させて頂いていて、相変わらずすてきな方で“奇妙”の世界観にドはまりする恒松さんの演技力が存分にでているので楽しみにしていてください!」

ーー視聴者の方へのメッセージ
「今回初めて出演させて頂きます。“奇妙”の世界観を全力で楽しみつつ、一生懸命演じました。見てくださる皆さんを引っ張り込む気持ちはもちろんありますけど、引っ張り込まれる気持ちも含めて見て頂ければと思います」