俳優の柴咲コウ、黒沢清監督が20日、都内で行われた日仏共同製作映画『蛇の道』(6月14日公開)の完成披露試写会舞台あいさつに登壇した。

 黒沢監督と初タッグとなる柴咲は「クランクイン前に不安とか懸念を払しょくしたいために、監督からあれこれ聞きたいモードになった」と告白。しかし「それは愚問でした。人間として向き合って、役柄を通して脳内を具現化していくのがお芝居のセッションですし、役者の役割だと気づきました」と反省し、「いろいろ聞き出そうとした自分がばかだった。その時はすみませんでした」と謝罪した。「それぞれがお互いをリスペクトする感じで、言葉の壁を感じない状態でした」と全編フランスでの撮影を振り返った。

 黒沢監督はそんな柴咲について「動きがすごいですね。獰猛(どうもう)というか、『バトル・ロワイアル』を越えたんじゃないか。こんだけ動けるのか」と絶賛。「肉体のものすごさを尊敬に値すると思います」と太鼓判を押した。

 黒沢監督の言葉に柴咲は「蛇のような、しなやかさで。ササササ、パクって感じですかね」と、うれしげだった。

 今作は、1998年に日本で劇場公開された黒沢清監督の傑作サスペンス『蛇の道』を、フランスの映画制作会社CINEFRANCE STUDIOS(シネフランス・スタジオ)とKADOKAWAによる日仏共同製作でセルフリメイク。全編フランスロケ、フランス語で撮影を敢行した。

 他人の復讐に協力する心療内科医・小夜子(柴咲)は、娘を殺した犯人を突き止め復讐することを生きがいとする男・アルベール(ダミアン・ボナール)に協力する。事件にある財団が関わっていることを知った2人は“徹底的復讐”を開始する。

 イベントには、西島秀俊、青木崇高も登壇した。