俳優・歌手の南野陽子(56)が22日、大阪市北区の「お好み焼 ゆかり」曾根崎本店で開催された『TEKO‐1グランプリ Returns!』グランドチャンピオン大会で特別審査員を務めた。

 涼しげなコーデで審査員席に並ぶと、紹介を受け「私は専門家でもなければ、調理をする方でもないんですけれども、関西出身ということで今回皆さまのお仲間に入れていただきました。
東京生活が長くなってしまったんですけれども、なおさら大阪のお好み焼の味がふだん恋しくて、お仕事とかでこっちに来るたびにいただいている」とにっこり。工夫が凝らされたお好み焼をペロリと楽しみ、真剣な表情で評価していた。

 グランプリには、「なにわ背徳やき」を考案した大阪市の浅野眞由美さん(62)が輝いた。豚の角煮、クリームチーズ、もちなどが入り、ボリュームたっぷり“背徳感”あふれる1枚。南野は「口に運ぶたびにいろんなものが出てくる。フワフワだったり、モチモチだったり、トロトロだったり、カリカリだったり」と大満足。


 また、「どのレシポもおうちでできそうな食材、スーパーで売ってる食材なのに、組み合わせでこうなるのかという驚きがあった。自分もやろうかなと思ってもみたけど、(難しいのはプロの)焼き方ですね。なかなか私は再現できないかな。どれもおいしかった。ごちそうさまでした!」と参加者をたたえていた。

 『TEKO-1グランプリ』はお好み焼レシピコンテストで、今年14年ぶりに開催。
優勝者のレシピは「お好み焼 ゆかり」全9店で販売され、売上の5%が優勝者に「お好み焼印税」として5年間支払われる。最低保証は600万円。

 国籍・居住地・性別・年齢・プロアマ不問で3月から参加者を募り、1231点の応募があった。ファイナリスト5人には、浅野さんのほか、「美味しそガーリック焼」武山美加さん(36)、「海鮮風味の和のパビリオン焼」東海林政美さん(67)、「極-KIWAMI-」藤井伸高さん(53)、「浪花濃いっ!しぐれ」小林瑠衣子さん(42)が選ばれ、この日最終審査でしのぎを削った。

 このほか審査員は、ゆかり代表取締役社長・山下真明氏、辻学園調理・製菓専門学校の小林有洋氏、日本コナモン協会会長の熊谷真菜氏、グルメインフルエンサーのM三郎氏が務めた。