タレントの中山秀征(56)が22日、自著『いばらない生き方 テレビタレントの仕事術』刊行記念トークイベントに出席。スペシャルゲストとして放送作家を今年3月いっぱいで引退した鈴木おさむ氏(52)も登場し、中山が過去に受けたという“絶対ダメなドッキリ”について盛り上がった。


 14歳でデビューして以来、『DAISUKI!』『THE夜もヒッパレ』『TVおじゃマンボウ』など人気番組のMCとして活躍し、現在も情報番組『シューイチ』などで絶妙な緩急で番組を仕切る中山。群雄割拠の芸能界を42年、なぜ“ヒデちゃん”はサバイブできたのか?その理由がつまった一冊となっている。

 トークセッションでは、鈴木氏が「ヒデちゃんが最もすごいなと思った瞬間がある」と切り出し、「最悪なドッキリに引っかかっていた。セスナ墜落ドッキリ」と紹介。すぐに思い出し、「こんなの絶対やっちゃダメなやつです(笑)」と話し始めた中山は、セスナに乗っていると操縦士が慌てはじめてプロペラが止まり、墜落直前までいくというドッキリを仕掛けられたと明かす。

 続けて「放心してて、もうほぼ気絶状態ですよ(笑)」と振り返ると、鈴木氏は「あんなの怒っていいのに最後まで怒らなかった。
結果的に僕も笑ったんですけど、笑えたのは中山ヒデさんだからです!死ぬかもしれないに、どこか明るいんです(笑)。“That’s中山秀征”だと思った」と衝撃を受けたテレビを打ち明ける。中山も「いまもうテレビでは放送できないので、やり損ではあるんですけど(笑)」と笑い飛ばしていた。