TBS系日曜劇場『アンチヒーロー』(毎週日曜 後9:00)。今回は明墨正樹(長谷川博己)の宿敵と見られるラスボス・伊達原泰輔(野村萬斎)の手足となって暗躍する検察官・菊池大輝を演じる山下幸輝に、作品への意気込みや豪華俳優陣の印象などを聞いた。


 本作は「弁護士ドラマ」という枠組みを超え、長谷川博己が演じるアンチヒーローを通して、視聴者に“正義とは果たして何なのか?”“世の中の悪とされていることは、本当に悪いことなのか?”を問いかけ、スピーディーな展開で次々に常識を覆す。正義と悪が入れ替わり、善人が悪人になってしまう。まさにバタフライエフェクトのような、前代未聞の逆転パラドックスエンターテインメントを届ける。

――山下さんから見た『アンチヒーロー』の魅力を教えてください。
張り巡らされた伏線を全部裏切っていくというのが、このドラマの最大の魅力だと思います。視聴者の方々がSNSでも考察に盛り上がっていますし、エンターテインメントとして本当に面白いです。
僕が演じる菊池は第4話で伊達原から「ちょっと君、頼みたいことがあるんだけど」と頼まれるなど、裏で何やら動いていますので、菊池の動きにも注目してほしいですね。

――菊池大輝を演じるにあたり、どんな役作りをしましたか?
最近、 実年齢よりも年上の役を演じることが多く、今回の菊池は27歳です。劇中には出てこないのですが、実は東大卒という裏設定もありまして、それを踏まえた立ち姿や佇まいに気をつけて役作りをしました。とにかくドシッと構えていようと(笑)。

目の奥が笑っていない、恐いタイプの伊達原とは違い、菊池は仕事に真面目なタイプなのかなというイメージです。なので、とにかく真っすぐに上司を見るように心がけています。
伊達原の正義イコール自分の正義と信じているので、そうした菊池独特の視点にこだわって演じています。

――撮影現場の雰囲気はいかがでしょうか?
これまで比較的同世代の俳優さんたちとの共演者が多く、こんなにたくさんの先輩方とお芝居することが初めてで。最初はとてもプレッシャーを感じ、圧倒されていましたが、皆さんがとても優しくて今は馴染めている気がします。

この作品は専門用語も多く、難しいシーンも多いのですが、撮影中に皆さんが集中して演じていられる姿を間近で見ることができ、とても勉強になっています。
でも、現場の雰囲気は和気あいあいとしています。難しいセリフが多いだけに、たとえ誰かが間違えたとしても、逆に現場が盛り上がってしまうぐらい活気があるんです。
特に法廷は張り詰めたシーンではありますが、撮影中はみんなで励まし合っていて。こういうギャップが僕はとても好きですね。

――主演の長谷川博己さんの印象はいかがですか。
特に法廷での長谷川さんのお芝居は、セリフ1つひとつにパワーがこもっていて圧倒されます。個人的には、第1話の最後に明墨が「病気を晒してでも勝ちたい」と言ったシーンがとても印象的。そういうキャラクターは普通、反感を買うと思うのですが、それを長谷川さんの演技で成立させてしまっているところが、本当にすごいと思いました。


同じ第1話で明墨が赤峰柊斗(北村匠海)に「ハリネズミだよ」と言うシーンで、長谷川さんがネズミのようなジェスチャーを使ったお芝居をされていたのも印象的です。自分もあのような気転の利いたお芝居ができるようになりたいです。

――検察の上司である野村萬斎さん、木村佳乃さんの印象を聞かせてください。
萬斎さんがセリフを喋っている間、僕はそれを聞いているのですが、伊達原と菊池が対峙しているシーンではいつも萬斎さんの目に負けてしまいます(苦笑)。目で訴えかけてくるパワーがすごすぎて、セリフのない時間が一番耐える時間になっていて。撮影期間中、一度は勝ちたいなとは思っているのですが、今のところ連敗中です(笑)。


木村さんは太陽みたいな方ですね。早朝からの撮影でも、木村さんの明るさに、みんなが「頑張れそうだ」というパワーをもらえるんです。法廷の撮影はセットの中で行われていることもあり、どうしても暑くなってしまうのですが、シーンの撮影の合間に、木村さんが小道具を使って共演者を扇いでいるところを目撃しまして。そういう気遣いも素敵だなと思いました。

――同世代の北村匠海さんや堀田真由さんとはどんなお話をされますか?
僕のクランクインの日は法廷シーンの撮影で、かなり緊張して現場に入ったのですが、ご挨拶に行った時、お2人とも気さくに写真を撮ってくださいました。それで緊張がほぐれたのをよく覚えています。


法廷というのは実生活ではなかなか馴染みのない場所です。僕はそんな状況に余計に緊張してしまって、どこか浮いているような感覚なのですが、お2人は自分の中にしっかり役を落として、お芝居をされていて。その姿を見て、やっぱりすごいと思いました。僕も地に足つけてちゃんとお芝居できるように頑張ります。実は堀田さんとは『よるのブランチ』で現場レポートをご一緒させていただきました。ふんわりとしつつも、落ち着いている方で、とても居心地の良い方です。

――放送後、山下さんの周りの反響はいかがですか?
俳優としてまだまだ経験の浅い僕が「日曜劇場」という枠のドラマに出演できるということは、とても光栄なことだと思っています。放送が始まってからは、特に親世代の方々からよくお声をかけていただくようになりましたね。演技を褒めてもらうことがあり、とてもうれしかったです。

撮影ではいまだに緊張するのですが、今、経験できていることを糧にこれからも成長していきたいと思います。『アンチヒーロー』は僕の俳優人生にとっても特別な作品になりそう…というか、すでになっています!(笑)。

――視聴者の皆さんにメッセージをお願いします。
これから菊池が伊達原の指示で動いていたことが明らかになっていきますので、ぜひ菊池の動きも楽しみにしていてください。僕自身もいち視聴者として毎週楽しんで観ていますので、皆さんも明墨の言葉を注意深くチェックしながら、このドラマを楽しんでほしいと思います。