「第47回講談社漫画賞」少女部門(2023年度)を受賞した『あの子の子ども』が、同名タイトルで連続ドラマ化されることが決定。俳優・桜田ひより主演、細田佳央太の共演で、6月25日よりカンテレ・フジテレビ系「火ドラ★イレブン」枠(毎週火曜 後11:00)で放送される。


 蒼井まもる氏による原作は、“高校生の妊娠”をテーマに、妊娠が発覚したことで日常がガラリと変わってしまった高校生カップルを通じ、恋愛の先にある10代の妊娠を描く少女漫画として注目を集めてきた。『別冊フレンド』(講談社)で連載中で、国内だけでなく、アメリカの漫画賞、2024年「アイズナー賞」の「ティーン向けベスト出版」で最終ノミネートされた。

 高校2年生の福と、幼なじみの恋人・宝の関係は親も公認で、別々の高校に通いながら穏やかな青春時代を過ごしていた。やがて、自然な流れで愛し合い、結ばれる。そして、福の妊娠が発覚。決してなかったことにできない現実に悩み、葛藤する2人は、本当に子どもを産んで育てられるのか…。


 主人公・福役を演じる桜田は、カンテレドラマ初主演となる。福は、ごく普通の高校2年生。恋人・宝や友人たちとともに過ごし、ドラマや漫画を楽しみ、平凡ながら不満はない幸せな高校生活を送っていた。しかし、妊娠という現実を前に、悩み、葛藤し、もがきながら、自分なりの未来を選んでいく。

 Z世代から支持される桜田は、映画『交換ウソ日記』でヒロインを好演し、「日本アカデミー賞」新人俳優賞を受賞。主演映画『バジーノイズ』が公開中で、『ブルーピリオド』公開(8月)も控えている。
透明感がありながら豊かな表現力で、見る人の心をつかんで離さない桜田が、今作では“高校生の妊娠”という難役に挑み、新たな一面を披露する。

 恋人の宝を演じる細田もまた、大河ドラマ『どうする家康』や、放送中の『95』、さらに『七夕の国』で主演を務めるなど、目覚ましい活躍を見せてきた。宝は、福とは別の高校に通い、陸上部に所属。福のことを心から大切にしながら、女手一つで育ててくれた母に感謝し、駅伝の強豪大学に進学することを目標にするキャラクター。細田にとっては、同世代の桜田と初共演となる今作で、フレッシュなカップリングに注目が集まる。

 『舟を編む~私、辞書作ります~』『しずかちゃんとパパ』『ウソ婚』などを手がけた蛭田直美氏が脚本を担当。
音楽は『ひきこもり先生』などのharuka nakamura氏、監督は『たそがれ優作』『往生際の意味を知れ!』などを演出したアベラヒデノブ氏がチーフに就く。

■桜田ひより コメント
このお話をいただいた時は、素直にうれしい気持ちと、自分が先頭に立って伝えていこうという使命感を感じました。皆さんそれぞれ感じ方があって、どれをとっても正解でもないし、不正解でもありません。演じる私たちもいろんなことを張り巡らせて創(つく)っていきますので、皆さんの中でも考えるものが生まれたり、人と話す内容ができたり、横と横のつながりができたりと、この作品をきっかけにいろんなことを感じとっていただけたらうれしいです。

原作を読んで、演じる福の中にあるどこか言葉では表しきれない表情の変化や、それを察知する周りの人たちに胸を打たれました。そして、相手役が細田さんと聞いた時は、大丈夫だなという安心感が自分の中に芽生えました。
まだ一緒に過ごした時間は少ないですが、芯があって、思っていることを言葉にしてくださる方ですし、どんなふうになるんだろうなという想像が膨らむ脚本をいただいたので、細田さんと一緒にその場の空気感や関係性を出していけたら、きっと素敵なシーンになるだろうなと思います。この作品に携わるすべての方の思いが少しでも皆さんに届くよう、大切に大切に創り上げます。よろしくお願いします。

■細田佳央太 コメント
福と宝の高校生カップルの関係性が微笑ましく、学生である皆さんにはより近く感じていただけると思いますし、このドラマを見て同じ悩みを持っている方の背中を押すきっかけになったらそれ以上のことはありません。親世代の方にも見ていただきたいですし、ドラマを見て家族間での会話が増えたらうれしいなと思います。演じる宝とは、育ってきた境遇が似ている部分はありますが、格好良くてしっかりした男の子なので、どうやって価値観を自分とすり合わせていくか考えています。
悩んでいたり不安な気持ちがあったりする男の子にも、こういう選択肢があるんだよ、こういうことができるんだよ、といったことを自分なりに男性目線でも伝えられるよう、原作が核にしているところを大切に、とにかく全力で向き合っていきたいと、やる気に満ちています。

主演の桜田さんとは初共演ですが、彼女のお芝居に負けないよう、自分が遅れを取らないように頑張ります。何より一緒にお芝居をするのが楽しみです。スタッフさん含めて撮影前から熱量の高さを感じているチームで、こういった難しくも繊細なテーマを描くのに皆が同じ方向を向いています。よりよい作品にして皆さまにお届けできるよう精一杯頑張りたいと思いますので、ぜひ放送を楽しみにしていてください。

■原作者・蒼井まもる氏 コメント
桜田ひよりさんと細田佳央太さんには難しい役を引き受けていただき恐縮しておりましたが、この漫画においてのキャラクターを深く掘り下げ、分析し、役割について考えてくださっていることを伺い、今はただただ感謝しています。
実写というものはとてつもない力を持っていると認識しています。その力がどのように作用するか想像を巡らせながら、一視聴者として放送を待ちたいと思います。

■岡光寛子プロデューサー コメント
若年層が気軽に触れられる少女漫画で、恋愛の先の性、そして高校生の妊娠というテーマを真摯(しんし)に描く原作に感銘を受け、「ラブ」をテーマとしている火ドラ★イレブン枠で、ぜひドラマ化したいと思いました。突然ふりかかった“なかったことにできない”現実に、もがき、葛藤し、得体の知れない感情に揺れ動く高校生たち。主演は、持ち前の愛くるさと底力のすごみ、独特の温度感のはかなさに心惹(ひ)かれる桜田さん。共演は、やさしさと強さを兼ね備え、あらゆる人の心に刺さるお芝居で魅了する細田さん。お二方が演じる福と宝と一緒に悩みながら、大切に丁寧に紡いでいきたいと思います。ひっそりと、でも繰り返し観てもらえるような、誰かの密かな宝物みたいなドラマにしたいです。