King & Prince永瀬廉高橋海人(※高=はしごだか))が、18日からNetflixで配信される『連続ドキュメンタリー RIDE ON TIME』Season6(全4話/2週連続配信)に出演する。「King & Prince ―King & Prince―」と題した特集では、2人体制初アリーナツアー「King & Prince LIVE TOUR 2023 ~ピース~」を中心に、7ヵ月の密着取材を行っていく。


 2023年、デビュー5周年を迎えたKing & Prince。永瀬と高橋は2人で新たなスタートを切った。6月、情報番組の生出演や5thアルバム「ピース」のジャケット撮影などさまざまな仕事に臨んでいた。主演ドラマで人気芸人の役に挑む高橋は「漫才を覚えるのが大変で、“高橋海人でいられる時間”がない」。そんな多忙な撮影期間中、グループは2人体制に。当時の高橋の心境は…。


 翌7月は、新体制初のファンミーティング。「さすがに緊張しました」(永瀬)と話す彼らは“打ち合わせ無し”のMCにあえて挑戦。2人で初めてファンの前に立った日の裏話が明かされる。ファンミーティングを終えると、次は全国ツアーの準備へ。高橋は初めてセットリストの一案を作り、永瀬はステージ衣装にこだわりを見せる。「衣装の話になったら廉を待つのは大変ですよ」と高橋。
当の永瀬は「めっちゃ時間かけちゃった…すみません!」と恐縮しながら、公演にかける思いを話す。

 打ち合わせと並行してダンスのリハーサルも始まった。「シンデレラガール」や「ichiban」など、これまでの楽曲のパフォーマンスは2人用に再構成。練習中の2人からは「意外とヤバい…?」(高橋)、「これまでの立ち位置とか歌割りが体に染み込んでるから」(永瀬)、「それを2人バージョンで覚え直すのがむずいね」(高橋)と本音も飛び出す。しかし「5人時代の曲はちゃんとセットリストに入れたい」という理由を語っていく。

 8月、ツアー初日を迎えた。
永瀬は「今日からなんだな…!」と自らを奮い立たせ、一方の高橋は緊張のあまり…。King & Prince の本番でのパフォーマンスが次々と紹介されるほか、「会場の歓声がやばかった!」(永瀬)というシーンや、「ファンの皆に届けるには“この歌詞”が一番良い」(高橋)という曲を2人が振り返る。ツアー中盤の10月、横浜公演の舞台裏で「会場の形が“でっかいシジミ”みたい」「横浜公演。小籠包!」と独特な世界観を見せる高橋。永瀬の反応は…。

 そんなツアーの合間を縫って、永瀬は主演映画の撮影に臨む。
「2人体制になっても、個人仕事の現場では変わらず意識しています」という“ある信念”を明かす。12月、全国ツアーはいよいよ最終日へ。公演中、永瀬は高橋の変化に気づいて「どうした、海人?」と声をかける。

 2人で再始動したKing & Prince。この1年をそれぞれ振り返るインタビューで、永瀬は「今のパフォーマンスを引っ張ってくれているのは海人。そのぶん俺は他のところで支えていきたい」と話し、高橋は「ずっと自分のことを思ってくれる廉に“ありがとう”と思っています。
俺、この人とずっと一緒にいたら…」と、永瀬への思いを語り始める。