実業家・前澤友作氏が16日、自身のXを更新。あす17日より社会復帰することを報告した。


 前澤氏は冒頭、「SUGOサーキットでのレース中の事故から1週間が経ちました。事故後の診断結果は軽傷でしたが、念のため自宅療養しておりました」と、9日のスポーツランドSUGOで行われたカーレース『Ferrari Challenge Japan SUGO戦』で追突事故後の状況を報告。「その後、新たな身体の不調などもありませんので、明日より社会復帰し通常運行したいと思います」と伝えた。

 続けて「療養期間内に私の都合でスケジュールをキャンセルさせていただいたりリスケさせていただきました関係者の皆様に深くお詫び申し上げます。またニュースなどを見て心配してくださった皆様にも重ねてお詫び申し上げます」と謝罪し、「以後気をつけます」と結んだ。

 前澤氏は、追突事故のあった9日にXで「本日、レース中のアクシデントによるブレーキ損傷により、ブレーキが作動せず事故を起こしてしまいました」と報告。
「事故後すぐに病院で検査していただきましたが軽傷でしたのでホテルに戻り安静にしています。お相手の選手も検査の結果軽傷とのことで、すでにご帰宅されたと伺っています」と伝え、「この度は、ご心配ご迷惑をおかけしましたこと、誠に申し訳ありませんでした。同じレースに参加していた選手の皆様、レース関係者の皆様にも心よりお詫び申し上げます」と謝罪していた。