「betcover!!」を率いる柳瀬二郎が17日、自身のインスタグラムのストーリーを更新し、前日のライブでドラムに対してふるった暴力行為について謝罪した。

 柳瀬は、「昨日のライブで私が行った暴力行為について謝罪します」と切り出し、「すべてはパフォーマンスではなく、ただ私の幼稚な精神が咄嗟に引き起こしたことでした。
本当に間違ったことをしたと反省しています。この問題は以前から私の中にありましたが、それを改善しようとする努力を怠っていました」と、自分自身を省みた。

 続けて「暴力からは何も生まれないと分かっていました。これからは人や物に当たるのではなく都度自分自身の問題に真剣に向き合っていきます。そして今後二度とこの様なことを繰り返さないと誓います」と反省を述べ、「ドラムの高砂君、チームの皆支えてくれている家族 応援してくれていたファンの皆様 音楽ファンの皆様 本当に申し訳ありませんでした」とあらためて謝罪した。

 「betcover!!」は、柳瀬二郎が率い、弾き語りから大人数でのバンド編成まで、さまざまな形態で音楽活動を展開。
今年4月に放送された『EIGHT-JAM』(テレビ朝日系)で、今注目すべきブレイク必至の3組としてピックアップされ、ゲスの極み乙女/ジェニーハイなどで活躍中の川谷絵音が「『どこにもない音楽』」とうなった」と紹介した。また、『FUJI ROCK FESTIVAL '24』への出演も決定している。