漫才日本一決定戦『M-1グランプリ2024』が、いよいよ始動する。記念すべき20回大会の記者会見を、26日正午から行う。
このほど、M-1誕生を彷彿とさせる大会のロゴも公開となった。

 “開催会見”には、昨年の王者・令和ロマンを含む、ファイナリスト7組が登壇。今年がラストイヤーとなる組も登場し、決勝の舞台に2度上がったロングコートダディ、堅実でハイレベルな漫才を披露する双子コンビのダイタク、独特すぎるネタで会場を盛り上げるトム・ブラウンらが、“M-1最後の挑戦”について語る。

 毎年最多エントリー数を更新している「M-1グランプリ」だが、今年も、昨年の8540組というとてつもない数字を超えるのか。20回目という節目の大会で、どんな新しい笑いが誕生するのか。

■『M-1グランプリ2024』開催記者会見
【司会】川島明、斎藤真美
【ゲスト】「M-1グランプリ2023」王者・令和ロマン
ヤーレンズ、マユリカ、真空ジェシカ、カベポスター、モグライダー、ダンビラムーチョ、ロングコートダディ、トム・ブラウン、ダイタク、フースーヤ、ナイチンゲールダンス

■M-1グランプリ 優勝者一覧【参加組数】
2001年度 中川家【1603】
2002年度 ますだおかだ【1756】
2003年度 フットボールアワー【1906】
2004年度 アンタッチャブル【2617】
2005年度 ブラックマヨネーズ【3378】
2006年度 チュートリアル【3922】
2007年度 サンドウィッチマン【4239】
2008年度 NON STYLE【4489】
2009年度 パンクブーブー【4629】
2010年度 笑い飯【4835】
2015年度 トレンディエンジェル【3472】
2016年度 銀シャリ【3503】
2017年度 とろサーモン【4094】
2018年度 霜降り明星【4640】
2019年度 ミルクボーイ【5040】
2020年度 マヂカルラブリー【5081】
2021年度 錦鯉【6017】
2022年度 ウエストランド【7261】
2023年度 令和ロマン【8540】