俳優の吉谷彩子浅川梨奈がW主演を務める、日本テレビ系「ドラマDEEP」枠『どうか私より不幸でいて下さい』(7月9日スタート、毎週火曜 深0:24~深0:54)の追加キャストが21日、発表された。瀬戸利樹村瀬紗英、宗像隼司、冨手麻妙山下容莉枝神保悟志が出演する。


 原作は、2022年に小説投稿サイト・エブリスタで開催した「comico 女性向けマンガ原作大賞」で大賞を受賞し、comicoでコミカライズした大人気WEBTOON。美人だが平凡で普通の幸せを望む主婦・名取景子(吉谷)と、景子が不幸でいることが何よりの快感だという妹の相原志保(浅川)が、ドロドロとしたマウント合戦を織りなす。

 瀬戸は、景子の夫で大手の銀行に勤めるエリート行員・名取信一を演じる。幼なじみの新井由香からの紹介で景子と出会い、純粋でひかえめな性格の景子にひかれ、結婚する。まじめで優しい性格だが、流されやすく、景子の妹である志保に言い寄られ、関係を持ってしまう。

 村瀬は、景子の大学生時代の同級生で、信一の幼なじみである由香を演じる。
サバサバとしていて、思ったことをはっきりと言うことができる性格で、景子とは何でも相談できる親友。出版社に勤め、ファッション誌の担当をしていて、次期編集長とうわさされているほど仕事一筋の生活を送っている。

 宗像は、志保の彼氏で大学の同級生・内山拓人を演じる。志保に都合の良いように扱われているが、志保の行動をとがめたりはせず、受け入れている。

 冨手は、由香の同僚・藤野沙良を演じる。同期の由香が出世することを素直に応援できる明るい性格。
いつも仕事の相談だけでなくプライベートの相談も由香に聞いてもらっている。「幸せ降ってこないかな」が口ぐせである。

 山下は、景子と志保の母・相原紀子を演じる。優しく穏やかで家庭的な性格で、専業主婦で料理上手。相原家で良いことがあった日に、いつもアップルパイを作ってくれる景子にとってあこがれの母親である。景子と志保に対して平等に愛情を注いでいる。


 神保は、景子と志保の父・相原剛を演じる。曲がったことが嫌いで、言葉は少ないが愛情深い性格。まじめで堅実な景子に比べて、末っ子気質で自分に甘い志保に対しては、愛情がゆえに厳しく接してしまう。

 さらに、第1弾ティザー映像も公開された。映像には、美しい花嫁姿の姉・景子を演じる吉谷と、その幸せをあざ笑うかのような邪悪な笑顔の妹・志保を演じる浅川が映し出されている。幸せをめぐる姉妹の壮絶なマウントバトルと波乱の展開を予感させる刺激的な映像がちりばめられている。