テレビ朝日開局65周年記念で4月にKアリーナ横浜で開催され、3日間で6万人を動員したグローバルミュージックフェスティバル『The Performance』が、きょう22日(後11:00~深0:00)に同局系列24局ネットで放送される。放送に先駆け、地上波放送のセットリストが公開された。


 同イベントの4月12・13日公演ではMrs. GREEN APPLEとNiziUが初対バン。同14日公演には、EVNNE、KEY(SHINee)、THE JET BOY BANGERZ、Da-iCE、TWS、FANTASTICS、THE BOYZ、RIIZEの日韓8組が出演した。

 4月12・13日公演から放送されるMrs. GREEN APPLEのセットリストは「ライラック」をはじめ、NiziUとコラボダンスを繰り広げた「ダンスホール」、RIKU、MIIHI、NINAが参加し、美しいハーモニーを響かせた「点描の唄」。

 NiziUのステージからは、Mrs. GREEN APPLEのボーカル・大森元貴が参加した「HEARTRIS」。息の合った“テトリスダンス”が見どころとなっている。さらに、中毒性の高いサウンドで話題を呼んでいる「SWEET NONFICTION」も放送される。


 4月14日公演は、テレ朝の音楽バラエティー番組『M:ZINE(エンジン)』(毎週金曜 深1:30 ※一部地域を除く)での共演がきっかけとなり、RIIZEがMrs. GREEN APPLEの若井滉斗(Gt)のギター演奏でデビュー曲「Get A Guitar」を披露。

 SEVENTEENの弟分として1月にデビューしたTWSは「plot twist」、LDH史上最大規模のオーディション『iCON Z』から誕生したTHE JET BOY BANGERZは「PHOTOGENIC」、韓国のオーディション『BOYS PLANET』参加者で構成されたEVNNEはデビュー曲「TROUBLE」をパフォーマンスする。

 FANTASTICSは韓国のグループEPEXとのコラボ曲「Peppermint Yum」を日本語バージョンで披露。さらに、メジャーデビュー10周年を迎えたDa-iCEは「スターマイン」、THE BOYZは新曲「Nectar」、SHINeeのKEYは「Good & Great」と、それぞれ個性あふれるハイレベルなパフォーマンスで魅せる。

 ナレーションは声優の島崎信長(※崎=たつさき)が担当することが決定。最も印象に残ったパフォーマンスとしてMrs. GREEN APPLEの「ライラック」をあげ、「私が出演させていただいているテレビアニメ『忘却バッテリー』のオープニングテーマですので、すごく思い出深く、うれしいです」とコメントした。


 さらに「Mrs. GREEN APPLEさんとスペシャルコラボがあったNiziUさんですが、声優界の大先輩である野沢雅子さんが、歌って踊ってみた動画を投稿していたことを思い出します」とのエピソードも明かすと、「少しでもみなさんに、より楽しんでもらえる一助となれるように精一杯取り組みましたので、よろしければぜひご覧いただければ幸いです」と呼びかけた。

 7月14日(正午~後5:30)には、CSテレ朝チャンネル1で完全版を放送。地上波放送には収まらなかった楽曲を含め、出演アーティストの独占インタビューも放送される。

■『The Performance』地上波放送セットリスト ※公演出演順
NiziU×Mrs. GREEN APPLE「HEARTRIS」
NiziU「SWEET NONFICTION」
Mrs. GREEN APPLE「ライラック」
Mrs. GREEN APPLE×NiziU「ダンスホール」
Mrs. GREEN APPLE×NiziU「点描の唄」
TWS「plot twist」
THE JET BOY BANGERZ「PHOTOGENIC」
EVNNE「TROUBLE」
FANTASTICS「Peppermint Yum」
Da-iCE「スターマイン」
RIIZE×若井滉斗(Mrs. GREEN APPLE)「Get A Guitar」
THE BOYZ「Nectar」
KEY(SHINee)「Good & Great」