渋谷凪咲が主演を務める、Jホラーの巨匠・清水崇監督最新作『あのコはだぁれ?』(7月19日公開)より、教壇に立つ渋谷や切ない表情の染谷将太など、キャストたちのキャラクター場面写真が解禁された。

 大ヒット『呪怨』シリーズを手掛け、ハリウッドリメイク版として世界中で公開された『THE JUON/呪怨』が日本人監督として初めて全米興行収入1位を獲得するなど、Jホラーを牽引し続けてきた清水監督が手掛ける、昨年「本当に怖いホラー映画」として話題になった『ミンナのウタ』のDNAを引き継ぐ最新作『あのコはだぁれ?』。


 映画初主演にして本格演技初挑戦となる渋谷は、夏休みの補習クラスを担当する臨時教師・君島ほのかを演じている。この度解禁となったのは、清楚なストライプのシャツ姿で黒板の前に立ち、優しげな笑顔を生徒に向けているシーン。そして学校の外では一転、はかなげな表情でなにかを見つめるプライベートな一面を窺わせる2枚だ。「“渋谷凪咲”の新たな一面を引き出したい」という清水監督の言葉通り、本作のドラマチックな展開による渋谷の“みたことがない姿“に期待がかかる。

 また、渋谷が受け持つ補習授業を受ける生徒たちの場面写真も公開。映画『違国日記』で新垣結衣とのダブル主演にオーディションで抜擢された早瀬憩、『君たちはどう生きるか』(23)で主人公の声優を務めた山時聡真、『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning」(21)でシリーズ最恐の敵・雪代縁役の新田真剣佑の青年期を演じた荒木飛羽、Z世代から圧倒的な支持を集める若手発掘・育成プロジェクト「私の卒業」プロジェクト第5弾『こころのふた~雪ふるまちで~』が公開したばかりの今森茉耶、『孤狼の血 LEVEL2』(21)で鈴木亮平演じるヤクザの少年時代を演じた蒼井旬らフレッシュなキャストが、制服姿で学校やゲームセンターで、物語に巻き込まれていく様子を伺うことができる。
清水監督は「芝居経験はまだそんなにないけれど、存在感や達者さ、また想定したキャラクターに見える佇まいだと思える子たちをギリギリまで絞り込んで抜擢しました」と語る、そのこだわりのキャスティングにも注目だ。

 さらに、渋谷演じる君島ほのかの恋人役の染谷は、渋谷同様切ない表情を見せた一枚が解禁された。染谷について清水監督は「実は子供のときから僕の『呪怨』などのオーディションを何度も受けていたらしい」というエピソードを明かし、「思い立ってオファーしたら、快く引き受けてくれたんです」と染谷の出演は相思相愛だったことを明かす。そのほか、『ミンナのウタ』で元刑事の探偵役、権田を演じたマキタスポーツは、瓦礫の前で眉間に皺を寄せた姿のシーンが切り取られ、本作でもその存在感は健在。また教師役を演じる松尾諭は、学校の廊下で不穏雰囲気を漂わせている姿が見受けられる。

【作品概要】
映画『あのコはだぁれ?』
7月19日全国ロードショー

出演:渋谷凪咲 早瀬憩 山時聡真 荒木飛羽 今森茉耶 蒼井旬 穂紫朋子
今井あずさ 小原正子(クワバタオハラ)  伊藤麻実子 たくませいこ  山川真里果
松尾諭 マキタスポーツ / 染谷将太

■監督:清水崇
■原案・脚本:角田ルミ 清水崇
■製 作:「あのコはだぁれ?」製作委員会
■企画配給:松竹
■制作プロダクション:ブースタープロジェクト“PEEK A BOO films”
■制作協力:松竹撮影所 松竹映像センター