TBS系の大型音楽特番『音楽の日2024』(7月13日 後2:00~9:56)の総合司会を務める中居正広と安住紳一郎アナウンサーがこのほど行われた司会者発表会見に出席し、今年の同番組の「見どころ」を語った。

 安住アナは「『ダンスバトル』は、去年やって大変好評で。
グループとか所属事務所の垣根を越えて、“ダンス自慢”がステージで競うというか、お互いの『技術博覧会』みたいな感じで盛り上がったんです。今年はさらに輪をかけてオリジナルの振り付けをそれぞれ考えてもらったり、テーマに沿ってダンスを見せ合うダンスバトル企画があるようで、これは大変力が入ってますね」と、「ダンス」をピックアップ。

 中居も「やっぱり緊張感っていいですね。アーティストって他のジャンルと比べてアウェイとホームでいったらホームでやることが多いと思うんです。アーティストは自分たちの時間を自分たちの限りあるエネルギーでパフォーマンスするっていうのが通常だと思うんです。でも『音楽の日』のように、他のアーティストと絡むっていうのはなかなかないと思いますので、これダンスだけってなるとまたちょっとひとしおに緊張感があっていいんじゃないかなと思いますね」と同調した。


 報道陣から「中居さんは踊られないんですか?」と振られると、中居は「今ちょっと活動休止中なんで、なんともちょっとまだ再開してないんでね。タイミング的に違うかなと思いますけど」と即答。安住アナが「別に踊ることは踊れるじゃないですか?」と問うと、「いや踊れないでしょ。踊るのちょっと時間かかると思いますね。まだオファーが正式に来てませんので。今年も来なかったですね。
もう間に合わないですね。1ヶ月で踊れないですね」と“準備期間”を理由に固辞した。

 一方、中居も「安住さんもやればいいのにと思っちゃう。春ぐらいから積んで(練習して)」と振るが、安住も「ちょっとそれは遅いですよね、ちょっとね。もう6月になりますとね」とやんわり否定。報道陣から「来年オファーが来れば、お二人で踊るんですか?」と質問されると、中居が「もちろんやりますよ、それは。
ただ、オファー来る前に何かしらの圧力はかけると思いますけど(笑)。それ圧力はもちろん結構なものがありますんで。でも来たらもちろんやりますよね。来たらですよ。今のところ来てないってだけだって(笑)」と否定しつつ、含みを持たせた。