国民的ロックバンド・サザンオールスターズが25日、46回目のデビュー記念日を迎え、3つの重大発表とともに精力的な活動の内容が明らかになった。

 1978年6月25日、「勝手にシンドバッド」で鮮烈なデビューを飾ったサザンは、昨年デビュー45周年を迎え、新曲3曲を3ヶ月連続配信リリース。
9月末~10月1日にかけては、ボーカル・桑田佳祐の故郷で10年ぶり3度目となる『茅ヶ崎ライブ』を開催し、トータル27万人を超すファンを熱狂させた。

 大きな動きがあったあとは充電期間に入るのが常だったが、今年は昨年を上回るスケールで活動を継続することが明らかに。3つの重大発表を行った。

 1つ目は、16枚目のオリジナルアルバムが今冬発売されることが決定した。前作『葡萄』(2015年3月発売)以来9年ぶりのアルバムとなる。桑田は「昨年冬よりスタジオに日々通い詰めておりまして、現在9年ぶり16作目のオリジナル・アルバムを年内にリリースするべく鋭意制作中であります!!」と発表した。


 2024年においても、サザンオールスターズのアルバム制作スタイルはデビュー当初から変わらず。長い期間をかけてスタジオにこもり、音を練り、歌詞をのせ、また音を練る。桑田は「オリジナル・アルバムをひとつ作るのには、非常に長い時間と労力がかかってしまうのが現実であり、それなりの覚悟がいることも正直なところであります。しかし、ここまできたらメンバー全員腹を括り、今のサザンに出せるすべてをもって、全身全霊で“オリジナル・アルバム”を創りお届けすることを、ここに宣言いたします!!」とつづった。

 2つ目は、アルバムから先行する形で、きょう25日に新曲「恋のブギウギナイト」を配信リリースした。昨年9月に発表された「Relay~杜の詩」以来、約9ヶ月ぶりの新曲となる今作は、昭和から平成初期に流行したディスコと令和のEDMを融合させたダンスナンバー。
7月3日からスタートするフジテレビ系ドラマ『新宿野戦病院』(毎週水曜 後10:00)の主題歌に決定している。

 そして、3つ目として、野外フェス『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2024 in HITACHINAKA』に大トリで出演することが発表された。同フェス出演は6年ぶり3度目となる。

 今年の『ROCK IN JAPAN FESTIVAL』は25周年を記念し、8月に千葉市蘇我スポーツ公園、9月に茨城・国営ひたち海浜公園で5公演ずつ計10公演が開催される。サザンが出演するのは、最終日の9月23日。「ロッキン」の聖地・ひたちなかで大トリを務める。


 なお、今回の出演発表にあたり、サザンオールスターズは今回が「最後の夏フェス出演」であることを発表。桑田は「サザンオールスターズ、“最後の夏フェス出演”とさせていただければと思っております。我々高齢者バンドにとって、令和の夏は暑すぎるよ(笑)。一旦、サザンは今回で卒業させていただき、後進の素晴らしいミュージシャンたちに日本の夏フェスの未来は託したいと思います」と伝えた。

 夏フェスでのサザンを見られるのはラストチャンス。特別措置として、サザンの演奏時間が通常より長くなることがイベント公式からも発表された。


 今回の3つの重大発表にあたって、桑田佳祐から寄せられたコメント全文は以下のとおり。

■サザンオールスターズ桑田佳祐コメント

どうもお騒がせしております。
サザンオールスターズ・桑田佳祐です。
昨年、我々はデビュー45周年を迎えまして、新曲のリリースに「茅ヶ崎ライブ2023」の開催と、皆様のおかげで大変充実した1年を過ごさせていただきました。本当にありがとうございました!!

あっという間に時は過ぎて、本日また、デビュー記念日が巡って参りましたが、サザンオールスターズの活動は・・・続きます!!

昨年冬よりスタジオに日々通い詰めておりまして、現在9年ぶり16作目のオリジナル・アルバムを年内にリリースするべく鋭意制作中であります!!

デビューした当初はナウでヤングな若者だった我々サザンですが、気がつけばメンバー全員古希目前(汗)
※毛ガニは今年10月で70歳。

昭和から平成、平成から令和へと世は移ろい、音楽の聴かれ方も目まぐるしく変わって参りましたが、我々のやるべきことは常に「新曲を作り、届けること」。
やはり、これに尽きるのではないでしょうか。しかし、オリジナル・アルバムをひとつ作るのには、非常に長い時間と労力がかかってしまうのが現実であり、それなりの覚悟がいることも正直なところであります。
しかし、ここまできたらメンバー全員腹を括り、今のサザンに出せるすべてをもって、全身全霊で“オリジナル・アルバム”を創りお届けすることを、ここに宣言いたします!!

そして、6年ぶりにROCK IN JAPAN FESTIVALにも出させていただくことになりました!!
なお、今回の出演をもって、サザンオールスターズ、“最後の夏フェス出演”とさせていただければと思っております。我々高齢者バンドにとって、令和の夏は暑すぎるよ(笑)
一旦、サザンは今回で卒業させていただき、後進の素晴らしいミュージシャンたちに日本の夏フェスの未来は託したいと思います。(それでいいよね、渋谷会長?)
今年は、ROCK IN JAPAN FESTIVALが25周年ということで、超ど派手な夏祭り(フェス)と行こうじゃありませんか!!

そんなこんなで、まずは新曲「恋のブギウギナイト」の配信リリースから始めさせていただきたいと思います。
切ないながらもノリノリなナンバーですので、たくさん聴いてちょうだい▽(▽=ハート)
アルバムに関しては、もうしばらくお待ちくださいね。

皆様どうぞよろしくお願いいたします!!

サザンオールスターズ 桑田佳祐