1998年に発売され3年で世界累計約4000万個を売り上げた玩具・ファービーが進化。2012年以来12年ぶりに再上陸した『ファービー』、約5センチとのミニサイズとなった『ファービー ファーブレッツ』が7月5日に発売される。


 話しかけたり、なでたり、一緒に遊ぶおしゃべりペットとして話題となり、世界中で一大ムーブメントを起こしたファービー。カラフルでふわふわなルックスがよりかわいらしくなり、他のファービーやファーブレッツと会話することもできる。

 最新版ファービーはパープル、コーラル、タイダイの3種類展開。初代ファービーに続き、ファービー語、日本語での会話やかわいらしい動きはもちろん、「ねぇファービー!」の声掛けのあとに、5つのフレーズ(ダンスしよう、ライトショー、占って、まねっこして、リラックスしよう)を話しかけると反応して、答えてくれる。遊べば遊ぶほどいろんな言葉、歌、遊びができるようになる。

 ファービーと一緒に使えるビーズクリップなどのアクセサリーも付属しており、自分だけのオリジナルファービーにアレンジすることも可能。
そのほか、ファービー同士でおしゃべりしたり、パワーオフできたりと新たな機能もたくさん追加される。

 ミニサイズ『ファーブレッツ』のキャラクターは6種類(オークゥ、ラブリィー、ヒップボップ、メロニィー、ピクセレー、レイヴィー)。45種類以上の音や歌、ファービー語の組み合わせで反応し、キャラクターごとに得意な曲のスタイルを持つ。

 大きな耳を閉じたコロンとした愛らしいフォルムが特徴的で、ファーブレッツを集めると、仲間同士で一緒にコーラスしてくれる。クリップが付いているので、バッグに取り付けて一緒におでかけも。たくさん集めて遊ぶこともできる。


 25日に都内で行われた『ファービー』『ファービー ファーブレッツ』発売PRイベントにはタレントの辻希美(37)、Z世代代表を代表してインフルエンサーのさくら(18)、俳優の高梨優佳(22)も参加。今回のイベントでは3人が、新しいファービーに踊ってもらったり、占いをしてもらったり、ピザを食べさせたりと新機能を体験した。