球技用ボールメーカーのミカサが「機動戦士ガンダム」ハロボールのピンクモデルを発売

       

球技用ボールメーカーのミカサが「機動戦士ガンダム」ハロボールのピンクモデルを発売


 球技用ボールメーカーで創業100年を超えるミカサと、初テレビ放映から40周年を超える「機動戦士ガンダム」が異色コラボ。2019年に発売して初期ロットが即日完売したため、増産&定番化した「機動戦士ガンダム」コラボのハロボールですが、そのピンクモデルが6月25日からミカサオンラインショップやアマゾンなどで販売されます。


 そもそも「機動戦士ガンダム」ファンとして、またボールメーカーとしてハロをボールのパネルで表現できないか長年企画を温めていたというミカサ。国際公認球でもあるミカサバレーボールMVA200で、8枚パネルのボールを実現したことにより、8枚パネルでのハロボールの可能性が広がったとのこと。


球技用ボールメーカーのミカサが「機動戦士ガンダム」ハロボールのピンクモデルを発売


 そこで、社内の技術陣が開発を検討。球体を展開図にできる最適な3次元CADソフトを試行錯誤の末、選定したことにより、パネルの設計を実現。その結果、2019年にグリーンのハロボールを発売。ハロボールは即日完売し、好評だったためミカサのカタログにも掲載され定番化しました。


球技用ボールメーカーのミカサが「機動戦士ガンダム」ハロボールのピンクモデルを発売


 そんなミカサは、今回ファンの人たちの熱い声援に応えるべく、カラーバリエーションとしてピンクモデル(市場推定価格:3800円前後※税別)を発売。8枚のパネルというシンプルな構造で表現するボールメーカーならではの技術で、愛らしいハロを再現。


球技用ボールメーカーのミカサが「機動戦士ガンダム」ハロボールのピンクモデルを発売


 さらに、EVA素材の発砲度合いと鮮やかな色合いの性質を利用し、見た目に柔らかさを感じられるデザインと優しい手ざわりを同時に実現。柔らかくても丸さを保ち、軽量で弾みの良いボールとなっています。


(c)創通・サンライズ (c)MIKASA
情報提供:ミカサ


(佐藤圭亮)

あわせて読みたい

おたくま経済新聞の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月18日のマンガ・アニメ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。