ゴジラ60年の歴史を振り返る 第3回(全7回)

ゴジラ60年の歴史を振り返る 第3回(全7回)
ゴジラ60年の歴史を振り返る 第3回(全7回)

第2回の続きです。

 【第7章・・・第一次怪獣ブーム】    それまで東宝怪獣映画で特技監督を務めていた円谷英二は、自身の会社である円谷特技プロダクション(本稿では便宜上、円谷プロと表記させて戴きます)を設立して、新しいジャンルであるテレビへの進出を狙っていました。そして1964年に制作し始めたのが『ウルトラQ』(制作当初は『UNBALANCE』という題名だった)です。

 特技監督には元松竹の川上景司の他、大映で『宇宙人東京に現る』『釈迦』『鯨神』の特撮に携わった的場徹、東宝の特技キャメラマン・有川貞昌、東宝の本篇キャメラマン・小泉一を招きました。 円谷プロは東宝色が濃かったので、俳優陣は東宝のオールスター(佐原健二、田島義文、小泉博、久保明、平田昭彦、土屋嘉男、野村浩三、髙田稔、田崎潤、藤田進、村上冬樹、小杉義男、若林映子、江原達怡、黒沢年男、黒部進、田村奈巳、沢井桂子、八代美紀、高橋紀子、伊藤久哉、堺左千夫、松本染升、大村千吉、桐野洋雄ら)。 スタッフの顔触れを見ると、東宝の特技美術スタッフ・渡辺明、井上泰幸らの名前が見えます。 特撮面では、東宝特撮映画のライブフィルムの流用や、東宝特撮映画で使われた縫いぐるみ等の流用が見られ、ラルゲユウスの都市破壊シーンは『ラドン』、スダールの描写の一部は『キングコング対ゴジラ』のライブフィルムの流用で、ゴジラを改造したのがゴメス、ラドンを改造したのがリトラ、バラゴンを改造したのがパゴスなどといった具合です。


あわせて読みたい

おたくま経済新聞の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年11月18日のマンガ・アニメ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。