ゴジラ60年の歴史を振り返る 第7回(全7回)

ゴジラ60年の歴史を振り返る 第7回(全7回)
ゴジラ60年の歴史を振り返る 第7回(全7回)

 第6回の続きです。

 【第15章・・・ゴジラ2度目の復活】   1999年、『ゴジラ2000MILLENNIUM』(本篇監督・大河原孝夫、特技監督・鈴木健二、音楽・服部隆之)でゴジラは日本映画界に4年ぶりの復活を果たします。本作でゴジラは『ゴジラVSシリーズ』よりも小さい身長55メートルとなりました。そして本作からはほぼ毎回のように設定をリセットするようになります。

 ストーリーでは、ゴジラを研究しようとする学者とゴジラを退治しようとする政治家の対比という、1954年の『ゴジラ』を彷彿とさせる構図が描かれました。 ただ、CGの出来がいまひとつだったり、タコ型宇宙人が出てきたり、フィクション性の高い超兵器が登場しなかったり、せっかくの新作ゴジラ映画なのに昭和の特撮作品で活躍した俳優が『ウルトラマンレオ』でブラック指令を演じた大林丈史ぐらいだったりして、盛り上がりに欠けました。 音楽面では、「ゴジラの恐怖」のイントロが流れたシーンと、『怪獣総進撃』の大気圏突入の音楽→「ゴジラのテーマ」のメドレーが流れたシーンがありました。

 2000年には『ゴジラ×メガギラス G消滅作戦』(本篇監督・手塚昌明、特技監督・鈴木健二、音楽・大島ミチル)が公開。1970年代の『ゴジラ対○○』、平成1桁台の『ゴジラVS○○』に続いて、この時期は『ゴジラ×○○』という表記が用いられています。 本作の劇中世界では、1954年に出現したゴジラは退治されておらず、その後も何度か日本を襲撃しています。そして2000年、『ゴジラ×メガギラス』で出現したゴジラも、1954年に出現したゴジラと同一個体です。


あわせて読みたい

おたくま経済新聞の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年12月31日のマンガ・アニメ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。