キャサリン妃日帰り出産で 「日本の入院期間は長すぎ」という声

キャサリン妃日帰り出産で 「日本の入院期間は長すぎ」という声
キャサリン妃日帰り出産で 「日本の入院期間は長すぎ」という声

イギリス王室のキャサリン妃が2日、産後約9時間半でスピード退院したことについて、ネットでこんな意見が注目されていました。

日本で行われる出産では一般的に5日程度母子ともに入院します。 ところが、今回キャサリン妃がわずか9時間半で退院したという報道から、お産入院について「日本は過保護」「日本の入院期間は長すぎ」という声があげられているのです。

■日本のお産入院は長すぎ?そして過保護?

一部報道では、海外の出産事情についてこうして短期退院する国が多いとされています。 ただ、国によって事情は様々で、おとなり韓国の場合には産後任意で利用できる「産後ケア(産後調理院)」という施設で約2週間ほどすごすケースが増えているようです。女優の小雪さんが第2子出産の折に利用して日本でも話題になりましたよね。話題になった当時は「日本でもこういう施設が欲しい」という声が多く上げられていました。 アメリカの場合には、出産をカバーできる保険に入っていない場合、24時間入院の自然分娩で100万円程度の費用がかかるといわれています。また保険に入っていたとしても保険の内容にもよりますがカバーできるのは大体自然分娩で48時間、帝王切開で96時間。そのため保険適用内で退院する人が多いそうです。

今回キャサリン妃がスピード退院したイギリスのお国事情はというと、当日もしくは翌日が一般的なようす。 背景には、イギリスの国営保健サービス(National Health Service、NHS)が国費で運営されているため利用は原則無料なかわりに入院を短期に抑える目的と、自宅でリラックスして過ごさせる目的があるようです。 なお、入院しない代わりに専門スタッフによる細やかな自宅訪問や、夫の産後休暇取得促進(大体2週間は取得するようです)などもあり、産後ケアもしっかりしつつ自宅でゆっくり過ごせる仕組みが作られているようですね。 キャサリン妃は今回プライベート医療とよばれる治療費全額患者負担の病院を利用していますが、国民と同じ暮らしを心がけているためあえて日帰り出産を望んだと言われています。


あわせて読みたい

おたくま経済新聞の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年5月7日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。