老人ホームがX JAPANの「紅」で盛りあがる=奏者は4歳の天才ドラマー

 お父さんとのセッションも徐々に本格的になり、2016年4月にはドラムとトロンボーンによる親子バンド・楽隊龍虎を結成。老人ホームへの慰問演奏を始めます。

■しかしスランプに……

 しかし2016年、とらたろうさんはスランプに陥ります。それまでは毎日のようにお父さんにセッションをねだっていたところ「ドラムあきた!」と宣言。しかし紆余曲折へてスランプを脱出。これがきっかけとなって「遊び」から「本気の練習」へとステップアップしていったのだそうです。楽隊龍虎のライブでは成功体験を積み重ねていき、ドラムの楽しさと実感も得るようになったと言います。

 同年12月にはYouTubeで公開されている「壬生の乱」の模範演奏動画でも有名な“手数王”こと菅沼孝三さんと川口千里さんが主催するドラムレッスン・マスタークラスを受講。これをきっかけに2017年1月からは菅沼さんに師事し大阪まで新幹線でレッスンを受けに通っているそうです。

■幅広い演奏曲

 とらたろうさんは老人ホームへの慰問をしていることもあり『ブルーライトヨコハマ』や『恋のバカンス』などの昭和の名曲も得意曲とし、本人もとても気に入っているそうです。 一方で『千本桜』や、『恋』『ペンパイナポーアッポーペン』などの最近流行している楽曲も好み演奏しているんだとか。

 YouTubeで神楽を見ながら和太鼓を演奏する時間をとても大事にしているという天才児らしい横顔もありながら、普段はスキーやスケートが好きだというスポーツマンな一面も。温泉が大好きで、特に道後温泉に魅了されているなど、多くのものに興味を抱きながらドラマーとしての資質も磨いていっているのかもしれませんね。

 今後の目標は「自分のドラムで全国各地を渡り歩くこと。特に鹿児島や大阪、東京、秋田に行きたい」と語るとらたろうさん。お父さんもそんなとらたろうさんに全面的に協力する姿勢だそうですよ。

 幼少期から才覚を発揮している人は少なからず親御さんの協力が後押し、より才能を成長させていっていることは紛れもない事実です。たった4歳でこれほどの才能を持つとらたろうさんが、どんなドラマーとして成長していくのか計り知れませんよね。今後も彼の活躍に大注目です!!

▼参考4歳ドラマー とらたろう

(大路実歩子)

あわせて読みたい

おたくま経済新聞の記事をもっと見る 2017年1月18日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。