アニメ担当ライターが素で選ぶ「アニメ映画2016ベスト10」

アニメ担当ライターが素で選ぶ「アニメ映画2016ベスト10」
アニメ担当ライターが素で選ぶ「アニメ映画2016ベスト10」

 毎年1回のこの企画も今回で7回目になりました。今回もまた、2016年に公開されたアニメ映画のうち、私(筆者)が良かったと思う作品ベスト10を挙げたいと思います。選び方は完全に独断で、興行成績や他の映画評には左右されず、実際に観て”素”で良かったものを選んでいます。そのため他では高評価なものが下位にくることや、他ではあまり評価されていない作品が上位に来ていることもありますが、世間でいう「ステマ」的なことは一切ありません。純粋に良かったと感じた作品をあげ、順位付けしています。

 なお、できるだけ多く劇場には足を運びましたが、2016年に公開された全てのアニメを網羅できているわけではありません。その点ご了承ください。それぞれご覧になった方によって順位や価値観は異なると思います。「こういう見方もあるのだな」程度の気楽な気持ちで、また新たな作品との出会いのきっかけとしてご覧いただければ幸いです。

※本稿はネタバレを含んでいますのでご注意ください。

■第10位・・・『なぜ生きる ~蓮如上人と吉崎炎上~』

<コメント> 室町時代の高僧・蓮如上人(声・里見浩太朗)を描いたアニメ映画。主演の里見浩太朗は、テレビアニメ『名探偵ポワロとマープル』以来11年ぶりにアニメ声優を務めました。 宗教映画というものは、指導者による説法シーンがお約束になっており、例えば昭和36年の映画『続親鸞』(原作・吉川英治、監督・田坂具隆)では法然(演・月形龍之介)が説法するシーン、同年の映画『釈迦』(本篇監督・三隅研次、特撮監督・相坂操一/横田達之)ではお釈迦様(演・本郷功次郎)が説法するシーンがありました。本作でもやはり蓮如が説法するシーンがあり、しかも尺が結構長く取られています。 しかし私が最も印象深かったのは、ストーリー上の実質的な主人公である蓮如の弟子・了顕(声・小西克幸)が後半、門信徒に或る告白をする場面です。映画の前半、蓮如に弟子入りする前の了顕は、病気で寝ている母親にかなり酷いことを言う男でした。しかし母親の死後、映画の後半で了顕は門信徒に自身が親不孝者であったことを告白します。「親孝行したい時には親はなし」「墓に布団はかけられぬ」という諺がありますが、昔は現代と比べて長寿の人は少なかったでしょうから、諺に込められた思いは現代よりも切実であったことでしょう。了顕は、自分自身の過去の恥を敢えて晒すことによって、劇中の人々のみならず、スクリーンの外側にいる我々観客をも包括して、教えを授けようとしているように思えてなりません。


あわせて読みたい

おたくま経済新聞の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「アニメ担当ライターが素で選ぶ「アニメ映画2016ベスト10」」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    22ページってバカみたいに長い上に句読点の位置や段落の切り方が下手で読みにくい。ライターを自称するなら短くまとめる技術と読みやすい文体を身に着けてもらいたい。

    3
  • 匿名さん 通報

    最初のコメントのおかげで、時間のムダを防げました。そっ閉じ。

    2
この記事にコメントする

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年1月30日のマンガ・アニメ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。