【観劇レビュー】舞台版『ロマンシング サ・ガ3』 ストーリー補完に現実世界での再現度の高さはファンなら必見

【観劇レビュー】舞台版『ロマンシング サ・ガ3』 ストーリー補完に現実世界での再現度の高さはファンなら必見
【観劇レビュー】舞台版『ロマンシング サ・ガ3』 ストーリー補完に現実世界での再現度の高さはファンなら必見

 テレビゲーム『ロマンシング サ・ガ』(通称・ロマサガ)シリーズと池袋。この組み合わせを聞いてピンと来る読者の方も多いと思います。ロマサガ2に登場した7人のボスキャラ・七英雄の1人ロックブーケの名前の由来ですね。そのロマサガが池袋にやってきました!ロマサガ3(1995年発売)が舞台化されたのです。タイトルは『ロマンシング サガ THE STAGE ~ロアーヌが燃える日~』。公演スケジュールは記事下部にて紹介。


 私はロマサガ3のストーリーについて2013年5月14日に「【傑作ゲーム探訪】ロマンシング サ・ガ3」という記事で解説したことがあったのですが、ロマサガ3のストーリーの特徴を一言で言うと、紀元前300年から聖王暦316年(聖王暦はゲーム中世界の暦)までの616年間の歴史の記録であり、ゲームで描かれたのは聖王暦316年という現在の出来事のみとなっています。 それ以前の出来事はゲーム中の台詞や回想シーンで断片的に語られるか、複数出版された攻略本で説明される形となっており、プレイヤーが頭の中で断片的な情報と情報を結び付けて自ら考えないと歴史の流れが理解できない形となっていました。ロマサガ2のストーリーもこのパターンでしたが、ロマサガ2の場合はゲーム中の台詞のみを結び付けることでストーリーを理解できたのに対し、ロマサガ3は攻略本の説明が加わる為、この傾向により一層の拍車がかかりました。


 そこで舞台版ロマサガ3は、10年くらい前から本篇をスタートし、ゲームの時点(聖王暦316年)におけるストーリーを補完しています。特に、ゲーム中世界における政治的大事件であるにも拘らずゲームでは回想シーンで触れられる程度だったメッサーナ内乱を、時間をかけて描いています。メッサーナ内乱の主要登場人物でゲームの時点では既に亡くなっているキャラクターも舞台版に登場します。これは、舞台版ロマサガ3の主人公であるハリードが、メッサーナ内乱の主要登場人物であるルートヴィッヒと因縁浅からぬ仲であることが原因です。同時に、メッサーナ内乱を時間をかけて描いた結果、ゲームでは脇役だったシャールが舞台版では主要登場人物に躍り出ています。


あわせて読みたい

おたくま経済新聞の記事をもっと見る 2017年4月17日のゲーム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ゲームニュースアクセスランキング

ゲームランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

スマホアプリゲームやWiiやPS4などゲームに関する情報をお届け中。